電子薬歴導入ガイド » 電子薬歴の基礎知識 » 電子薬歴の課題とは

電子薬歴の課題とは

電子薬歴は非常に便利なものではありますが、いくつか課題も挙げられます。そこで、代表的な課題にはどのようなものがあるのかについてまとめました。おさえておきたい課題と、自分でできる対策などについて解説します。

電子薬歴の課題

電子薬歴の課題として、以下のようなことが挙げられます。

キーボード操作が求められる

電子薬歴はパソコンとキーボードを使用して記載していくことになるため、キーボード操作が必要です。業務効率を考えると、手早く薬歴を記入しなければなりません。 もちろん、ミスがあってはいけないので、正確さも求められます。

ですが、パソコン操作に慣れていない方の場合、入力に時間がかかってしまったり、ミスが発生しやすくなったりするのが課題です。操作がわからない、入力に時間がかかるなどの理由から後回しにしてしまうと、薬歴未記載問題に繋がってしまう恐れもあります。十分注意しなければなりません。

眼精疲労に繋がる

薬歴記入のためといっても、端末のモニターを見続けると目が疲れてしまいます。特に注意しなければならないのが、ブルーライトの影響によるものです。 ブルーライトとはとても強いエネルギーを持つ光であり、パソコンやスマートフォンなどの液晶画面から放出されています。

長時間ブルーライトが目に入ってしまった場合、目が疲れるだけではなく、睡眠障害に繋がってしまうこともあります。目の疲れは肩こりなど、その他の不調を引き起こしてしまうケースも多いです。

停電時に使用できない

停電対策が取られていない電子薬歴の場合、災害時など、停電が発生した際に使えなくなってしまう恐れがあります。万が一の停電、災害などに備え、非常用電源の確保などが求められますが、なかなか導入できていないケースが多いようです。

導入費用の問題

新たに電子薬歴を導入する際には、費用がかかります。 電子薬歴を導入しようと考えているものの、システム導入にかかる費用が問題で諦めている方もいるようです。

セキュリティリスクの問題

電子薬歴は複数のセキュリティリスクがあります。災害時にはデータを失う可能性もありますし、悪意ある第三者によるデータの改竄、ウイルスによる情報漏洩も考えなければなりません。セキュリティリスクを常に考えた運用が求められます。

パスワードなどの認証の入力に時間がかかる

電子薬歴は強固なセキュリティが必要です。データも非常に多いため、情報漏洩が起きた場合、大変なトラブルになります。そのため、パスワードの入力や指紋認証を必要とするシステムも多いです。

セキュリティ対策のため、何度もパスワードの入力や認証を行うと入力業務に負担がかかる場合があります。紙の薬歴に比べてこうした点が課題といえるでしょう。

複数の端末を用意できない

電子薬歴はレセコンを使って記入します。電子薬歴を使おうとしたタイミングで、他スタッフが使用中の場合、入力できません。電子薬歴、レセコンを使用した処方箋の入力やレセプト、発注業務などで使用中でもできないのです。

複数の端末を用意するという対策もあります。しかしレセコンを複数導入するのも費用もスペースも必要です。複数端末を用意できないのはデメリットでしょう。音声入力システムを備えている場合さらに費用がかかる場合も。

タブレット端末で電子薬歴の記入ができるシステムもあるので、高額なPCを購入する場合に比べ負担を抑えることもできます。タブレットなら各薬剤師がそれぞれ利用できますし、スペースも不要です。その点は、電子薬歴を導入するかの検討材料になります。

各メーカーが提供する
電子薬歴一覧を見てみる

自分でできる対策

自分でできる対策としては、タイピングが速くなるコツを知る、眼精疲労を抑えるといった方法が挙げられます。タイピングは慣れともいえますが、正しい手の置き方(ホームポジション)を確認し、キーボードを見ることなく打てるように練習しましょう。

眼精疲労を抑えるためには目薬を活用したり、目の周りの血行を良くするため蒸しタオルと水に濡らしたタオルを使って温パック・冷パックをしたりするのがおすすめです。

セキュリティリスクへの対策は?

電子薬歴は各社セキュリティリスクの対策を重視しています。情報漏洩があれば、電子薬歴を出しているメーカーの信頼性低下にもつながりかねないからです。セキュリティリスクの対策の一環として、VPN回線の利用があります。

VPNはソフトウェアの技術で特定の人だけが利用でき、暗号化により不正なアクセスを防ぐ回線です。接続したい拠点に専用ルーターを設けて相互に通信を行い、安全性を確保します。

他にもIDやパスワードによる「認証」で受信者と送信者は正しいか判断できる場合もあります。

認証入力の対策

認証入力は忙しい業務の中で行うのは手間がかかり面倒かもしれません。ただ、情報漏洩やデータの改ざん、ウイルス感染などの危険性は大きいです。おろそかにしたことで、薬局の業務が止まるだけでは終わらず、社会的な信頼性が落ちることになります。

パスワード認証のスピードを少しでも速くするなら、本来、SSOが有効です。

SSOは1度だけ認証入力をすれば、業務アプリケーションからクラウドサービスまで複数のシステムが利用できる仕組みです。「リバースプロキシ方式」と「サムル認証方式」の2つがあります。

電子薬歴で対応できるSSOは2023年11月現在では見つかりませんでした。しかし、将来的に対応できるようになれば入力の負担も軽くなります。

端末の数に関する対応

端末数が少ないなら、不足している分を増やせば問題は解決します。ただ、導入コストがかかるため便利だとわかっていてもなかなか踏み切れない場合もあるでしょう。その場合、 IT補助金の申請を検討してもいいかもしれません。IT補助金は、ITツールの導入を促進するための補助金です。補助金の申請が認可されれば、機器の導入費用に応じてある程度の費用負担を補えるため、電子薬歴に関する端末が導入しやすくなります。

ただし、電子薬歴でIT補助金の利用を検討する場合、IT補助金対象になっている電子薬歴しか利用できない点に注意が必要です。そのため検討していても、対象外ならIT補助金が利用できないケースもあるため事前確認が必要です。

IT導入補助金の申請

電子薬歴を導入する際には、IT導入補助金が活用できます。IT導入補助金とは、経済産業省が行っている補助金であり、ITツールを導入する際の経費を一部補助してくれるものです。

日本国内で実施される事業であること、IT導入支援事業者によって登録されているITツールを導入することといった条件を満たしている必要があります。補助金額は下限30万円、上限450万円です。ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

3つの観点から選ぶ
自社に合った電子薬歴とは

電子薬歴選びの
3つのポイント

調剤薬局でもIT化はとどまるところを知らず、電子薬歴の普及率は80%を超えています(※)。様々な製品が開発・改良される中で、電子薬歴が業務を効率化できるというのは、もはや当たり前。
他方で、一体型、クラウド型、ハイブリッド型といった製品タイプだけで選ぶべきではありません。
製品選びで重要なのは、その上でさらに何を電子薬歴に求めるかなのです。

ここでは、Google検索「電子薬歴」でヒットした36製品を調査(2022年2月9日時点)。「指導文作成を効率化する機能」「処方監査機能」「サポート体制完備」「在宅訪問に対応」といった、基本的な機能が搭載されている電子薬歴の中で、「機能」「費用」「ユーザーコミュニティ」の3つのポイントに沿っておすすめの製品を紹介します。

※参照元:厚生労働省「かかりつけ薬剤師・薬局に関する調査報告書[PDF](https://www.mhlw.go.jp/content/000509233.pdf)
ハイブリッド型
【機能】で選ぶなら
エリシアS
エリシアS

引用元:シグマソリューション公式HP
https://www.sigma-sol.co.jp/products/elixirs/

こんな薬歴
  • 患者一人一人にあわせた指導文を簡単に作成

  • 経営を強化できる機能を
    多数搭載&経営支援も

公式HPで
詳細を見る

電話で製品について
問い合わせる

エリシアSの
機能性について
詳しく見る

クラウド型
【費用】で選ぶなら
MEDIXS®
メディクス

引用元:アクシス公式HP
https://medixs.jp/

こんな薬歴
  • 端末増設時に追加費用

    かからない定額制

  • 均一な薬歴作成を
    図れる
    シンプルな
    製品

公式HPで
詳細を見る

電話で製品について
問い合わせる

MEDIXS®が
費用を抑えられる
理由を見る

クラウド型
【ユーザーコミュニティ】で選ぶなら
Musubi
Musubi

引用元:カケハシ公式HP
https://musubi.kakehashi.life/

こんな薬歴
  • 課題を共有し意見交換ができる
    交流会を開催

  • 各分野の専門講師
    によるセミナーで
    スキルアップ

公式HPで
詳細を見る

電話で製品について
問い合わせる

Musubiの
コミュニティ
の詳細を見る

※選定条件:Google検索「電子薬歴」でヒットした36製品(2022年2月9日時点)のうち、「指導文作成を効率化する機能」「処方監査機能」「サポート体制完備」「在宅訪問に対応」機能が搭載されている電子薬歴の中から、それぞれ以下の条件で選定。
※機能で選ぶなら:指導文について、定型文ではなく自分で考え、編集できる機能が唯一ある
※費用で選ぶなら:端末が増えても追加費用が掛からない電子薬歴の内、更新費用が無料と公式HPに明記されている製品
※ユーザーコミュニティで選ぶなら:ユーザーが参加できる交流会を唯一開催