電子薬歴導入ガイド » 電子薬歴一覧 » Brain Box VⅢ

Brain Box VⅢ

Brain Box VⅢ
引用元HP:湯山製作所公式HP
https://www.yuyama.co.jp/

ここでは、株式会社湯山製作所が展開している電子薬歴「Brain Box VⅢ」について調べています。

主な特徴や、おすすめしたい機能、使いやすさなどをまとめたので、電子薬歴選びの参考になさってください。
利用者から寄せられている声も調査しています。

Brain Box VⅢのおすすめ機能

MDbank©の搭載により
新人薬剤師のスキルアップを促進

Brain Box VⅢには新世代の医薬品関連データベースMDbank©が標準搭載されており、相互作用チェックや適応病名リスト、患者年齢制限情報など、調剤や服薬指導の品質向上につながる機能の利用が可能

調剤・鑑別から病名まで網羅した医薬品関連情報の百科事典のようなデータベースになっているため、新人薬剤師の調剤や服薬指導のスキルアップにも役立てます。

請求業務の効率化を図れる
レセプト会計システム

Brain Box VⅢは電子カルテシステムとレセプト会計システムの一体型になっているため、確かな根拠に基づいた会計情報の提供が可能です。

また、調剤薬局の経営に重要なレセプト業務支援として、適応症のチェックをはじめ、レセプトプレビューや管理料のチェックといった便利な機能を利用できます。

服薬管理や指導に役立つ
地域医療ネットワーク対応

患者さんから同意を得た各医療機関が、医療情報をインターネット上で共有できる地域医療ネットワークシステムに対応。

Brain Box VⅢのサーバーに保管した医療情報を患者さんが通っている病院や診療所、介護施設などと共有することで服薬管理がしやすくなり、投薬の安全性の向上が期待できます。

Brain Box VⅢの使いやすさ

Brain Box VⅢは「誰もが使える電子カルテ」として、使いやすさを追求できるカスタマイズフリーが採用されています。

画面はもちろん、操作方法やメニュー、コマンドの選択などを自由自在にカスタマイズでき、直感的な操作が可能なオリジナル仕様の電子薬歴を運用できるのがポイント

ワンクリックで薬歴の入力を行なえるショートカットキーも自由に設置可能なため、入力時間の短縮で業務の効率化を図れます。

3つの観点から選ぶ
自社に合った電子薬歴とは

Brain Box VⅢの利用者の声

複数病名の一括転記や学習呼出機能が便利

複数の病名を一括で転記できるのは非常に便利です。また、定型文章を入れる際も、学習呼出機能を使えばすぐにカルテに反映でき、入力の手間が省けるのでその点でも非常に便利だと感じています。

現在、後輩のドクターにも併診で外来をしてもらっていますが、その際入力した人が一目でわかるよう医師によって文字の色を変更できる点や重要な部分が一目で分かるように部分的に背景色を選択できる点も魅力に感じています。

引用元:湯山製作所公式HP(https://www.yuyama.co.jp/product/products/karte_user-report/vol4.html)

絵で説明できるタッチペン機能が
導入の決め手

一番は絵で説明が出来る所です。言葉で説明しても中々伝わりにくい場面や耳が聞こえにくい方もいらっしゃる中で、簡単に絵で説明できる点が導入の大きな決め手となりました。

実際に絵で説明するとわかりやすいので、より理解をして頂けるように感じます。
以前はメモ用紙に書いて患者さんに説明していましたが、今はタッチペンがあるのですぐに絵を描きながら患者さんに説明出来るので助かっています。

引用元:湯山製作所公式HP(https://www.yuyama.co.jp/product/products/karte_user-report/vol3.html)

誰でも直感的に使えるわかりやすさが良い

実機を見せてもらい、診察行為セットなどよく使うものが組みやすく、小児換算機能も設定すれば自動換算できる等、他社より優れていた点が多い事がBrainBoxVⅢを選んだ決め手です。

(中略)特に当クリニックは私以外のドクターも勤務しているので、直感的に使いやすい、わかりやすい点は魅力に感じました。後は小児換算機能が良いと思います。換算設定さえ決めてしまえば、誰も迷うことなく操作出来るので使いやすいと思います。

引用元:湯山製作所公式HP(https://www.yuyama.co.jp/product/products/karte_user-report/vol2.html)

Brain Box VⅢのアフターサポート

専用のコールセンターが設けられており、リアルタイムでリモートメンテナンスを行なえる体制が整っています
コールセンターと電子カルテの画面を共有しながら操作をサポートしてもらえるので、電子薬歴に慣れていない薬剤師でもスムーズな運用が可能です。

また、電子薬歴に入力したカルテ情報は国内のデータセンターに安全な接続で常時バックアップされるため、災害などで万が一データを損失したとしてもバックアップデータを使って復旧できます。

Brain Box VⅢはこんな電子薬歴

Brain Box VⅢは、医薬品関連データベースMDbank©が搭載されており、調剤や服薬指導の品質向上につながる機能の利用ができる電子薬歴です。

また、「誰もが使える電子カルテ」として、使いやすさを追求できるカスタマイズフリーが採用しており、直感的な操作による運用が可能になります。

本サイトでは「クラウド型」「レセコン一体型」「ハイブリッド型」という種類だけではなく、それぞれの薬局が何をもって電子薬歴を選ぶべきか、導き出した3つの観点からそれぞれおすすめの電子薬歴を紹介しています。ぜひ自局に合った電子薬歴をお探しの方は、ぜひ参考になさってください。

3つの観点から選ぶ
自局に合った電子薬歴とは

Brain Box VⅢの在宅診療への対応

ノートPCに薬局内のサーバーレプリカを作成できるため、インターネット環境のない在宅診療でもオフラインでカルテの閲覧・操作が可能です。

オフライン上で作成・編集したデータは、薬局内のLANに接続することで本来のサーバーにある電子薬歴に同期されます。

Brain Box VⅢの企業情報

会社名 株式会社湯山製作所
所在地 大阪府豊中市名神口1-4-30
電話番号 06-6868-5155
URL https://www.yuyama.co.jp/

各メーカーが提供する
電子薬歴一覧を見てみる

電子薬歴選びの
3つのポイント

調剤薬局でもIT化はとどまるところを知らず、電子薬歴の普及率は80%を超えています(※)。様々な製品が開発・改良される中で、電子薬歴が業務を効率化できるというのは、もはや当たり前。
他方で、一体型、クラウド型、ハイブリッド型といった製品タイプだけで選ぶべきではありません。
製品選びで重要なのは、その上でさらに何を電子薬歴に求めるかなのです。

ここでは、Google検索「電子薬歴」でヒットした36製品を調査(2022年2月9日時点)。「指導文作成を効率化する機能」「処方監査機能」「サポート体制完備」「在宅訪問に対応」といった、基本的な機能が搭載されている電子薬歴の中で、「機能」「費用」「ユーザーコミュニティ」の3つのポイントに沿っておすすめの製品を紹介します。

※参照元:厚生労働省「かかりつけ薬剤師・薬局に関する調査報告書[PDF](https://www.mhlw.go.jp/content/000509233.pdf)
ハイブリッド型
【機能】で選ぶなら
エリシアS
エリシアS

引用元:シグマソリューション公式HP
https://www.sigma-sol.co.jp/products/elixirs/

こんな薬歴
  • 患者一人一人にあわせた指導文を簡単に作成

  • 経営を強化できる機能を
    多数搭載&経営支援も

公式HPで
詳細を見る

電話で製品について
問い合わせる

エリシアSの
機能性について
詳しく見る

クラウド型
【費用】で選ぶなら
MEDIXS®
メディクス

引用元:アクシス公式HP
https://medixs.jp/

こんな薬歴
  • 端末増設時に追加費用

    かからない定額制

  • 均一な薬歴作成を
    図れる
    シンプルな
    製品

公式HPで
詳細を見る

電話で製品について
問い合わせる

MEDIXS®が
費用を抑えられる
理由を見る

クラウド型
【ユーザーコミュニティ】で選ぶなら
Musubi
Musubi

引用元:カケハシ公式HP
https://musubi.kakehashi.life/

こんな薬歴
  • 課題を共有し意見交換ができる
    交流会を開催

  • 各分野の専門講師
    によるセミナーで
    スキルアップ

公式HPで
詳細を見る

電話で製品について
問い合わせる

Musubiの
コミュニティ
の詳細を見る

※選定条件:Google検索「電子薬歴」でヒットした36製品(2022年2月9日時点)のうち、「指導文作成を効率化する機能」「処方監査機能」「サポート体制完備」「在宅訪問に対応」機能が搭載されている電子薬歴の中から、それぞれ以下の条件で選定。
※機能で選ぶなら:指導文について、定型文ではなく自分で考え、編集できる機能が唯一ある
※費用で選ぶなら:端末が増えても追加費用が掛からない電子薬歴の内、更新費用が無料と公式HPに明記されている製品
※ユーザーコミュニティで選ぶなら:ユーザーが参加できる交流会を唯一開催