電子薬歴導入ガイド » 電子薬歴業界の新着ニュース » 専門医療機関連携薬局の役割や認定要件とは?

専門医療機関連携薬局の役割や認定要件とは?

薬物療法が複雑化したり高度化したりする状況の中で、薬局や薬剤師に求められる役割も増えてきています。

患者さまや利用者さまが住み慣れている地域で、安心して薬物療法を受けられるよう環境を整えるため、2021年8月より、地域連携薬局と専門医療機関連携薬局と呼ばれる2つの新しい機能を持った薬局の認定制度が始まりました。

それぞれの薬局が果たすべき役割や特徴についてを明確化し、患者さまや利用者さまが自分に合った薬局を選べるようになることが期待されています。

当記事では、専門医療機関連携薬局の役割や認定要件について詳しくまとめました。地域連携薬局や健康サポート薬局とは、どういった違いがあるのか、申請の流れなどについてもご紹介いたします。

専門医療機関連携薬局の役割

がんにかかってしまい専⾨的なサポートや管理が必要な方に対して、他の薬局や医療機関などと協力し合いながら、専門的な調剤や薬学の管理などに対応している薬局のことを指します。

近年、がんに罹患している患者さまは、外来で抗がん剤などの治療を受ける機会が増えるため、高度な服薬指導や薬学的管理など高い専門性が求められています。

専門医療機関連携薬局は、他の薬局や医療機関に対して医薬品の提供を行ったり専門性の高い情報の発信や研修などを実施したりする役割も求められているのです。 

地域連携薬局との違い

地域連携薬局とは、患者さまが入院や退院の時をはじめ、在宅医療を受ける時などにも関わる役割を持ちます。地域の医療機関や他の薬局へ統一的かつ継続的に情報連携を実施している薬局であることも特徴に挙げられます。

健康サポート薬局との違い

健康サポート薬局とは、地域に暮らす人々が処方薬や市販薬、健康食品に関してや食事・栄養・介護など、健康の維持・増進について相談できる薬局のことを言います。地域連携薬局と健康サポート薬局は、かかりつけ薬局・薬剤師としての役割も担っているのです。

専門医療機関連携薬局の認定要件

構造設備

薬局を利用される方のプライバシーに配慮し、相談しやすいような構造設備が必要です。高齢者や障がいを抱えている方が相談しやすいよう、手すりやスロープなどを設置するなどバリアフリーに対する環境整備を行うことも大切です。

がんで治療を受けている方が訪れる薬局でもあるため、より安心して相談できるような環境に整備しておく必要があります。

情報共有体制

医療機関としっかり協力し合いながら、より高度な薬学管理を行ったり特殊な調剤にも対応したりすることが重要です。薬局勤務の薬剤師ががん治療を行っている医療機関の医療関係者が随時連絡・報告を取れる体制づくりをしておくことが必須です。

専門的薬学的知見に基づく業務体制

調剤や指導に関する供給体制として以下のことが挙げられます。

厚生労働大臣に届け出た団体から、専門性について認定を受けている薬剤師だということも条件の1つです。

専門性の認定に関する活動をした実績が5年以上あり、なおかつ、当該認定の要件について公表している法人であることなども挙げられます。

専門医療機関連携薬局として認定を受けるためには、上記以外にもさまざまな基準を満たす必要があります。詳しくは、各自治体または厚生労働省の公式サイトをご覧ください。

出典:専門医療機関連携薬局 認定基準

専門医療機関連携薬局の申請フロー

ここでは、福岡県を例に挙げて専門医療機関連携薬局の申請フローを紹介します。これは自治体によって異なることが多いので、さらに詳しく知りたい場合は各自治体に直接お問い合わせください。

申請先は、薬局など所在地を管轄している県保健福祉事務所もしくは政令市窓口です。そしてすでに認定を受けている場合、1年ごと認定の更新を受けなければその期間の経過によって、失効してしまうため注意が必要です。

参照元:福岡県

認定基準と申請方法を確認して手続きを行おう

がんにかかっている患者さまに対して質の高い服薬指導を行ったり、他の医療機関などとしっかり連携を図ったりするなど、さまざまな役割を求められています。

認定を受けるためには、設備や薬剤供給など、さまざまな要件を満たす必要があります。申請は自治体によって異なりますので、さらに詳しく知りたい方は各自治体に直接ご確認ください。

そして、地域連携薬局や専門医療機関連携薬局として申請を検討している場合、他院と連携できる電子薬歴がおすすめです。当サイトでは、電子薬歴のおすすめメーカーや正しい選び方について説明していますのでチェックしてみてください。

専門医療機関連携薬局の認定制度設立の経緯

高齢化や新薬の開発に伴い、地域包括ケアシステムを担当する⼀員として、薬剤師や薬局の専門性が期待されています。そのような中、薬剤師や薬局のあり方が見直されることになりました。

2019年11月に改正された「薬機法」でも、国民のニーズをくみ取った医薬品や医療機器などをスピーディーで効率的に提供されたり、住み慣れた地域で人々が安心して医薬品を使える環境を整えたりすることが重視されるようになりました。

そういった状況の中で、認定制度が始まったのだと言われています。

電子薬歴選びの
3つのポイント

調剤薬局でもIT化はとどまるところを知らず、電子薬歴の普及率は80%を超えています(※)。様々な製品が開発・改良される中で、電子薬歴が業務を効率化できるというのは、もはや当たり前。
他方で、一体型、クラウド型、ハイブリッド型といった製品タイプだけで選ぶべきではありません。
製品選びで重要なのは、その上でさらに何を電子薬歴に求めるかなのです。

ここでは、Google検索「電子薬歴」でヒットした36製品を調査(2022年2月9日時点)。「指導文作成を効率化する機能」「処方監査機能」「サポート体制完備」「在宅訪問に対応」といった、基本的な機能が搭載されている電子薬歴の中で、「機能」「費用」「ユーザーコミュニティ」の3つのポイントに沿っておすすめの製品を紹介します。

※参照元:厚生労働省「かかりつけ薬剤師・薬局に関する調査報告書[PDF](https://www.mhlw.go.jp/content/000509233.pdf)
ハイブリッド型
【機能】で選ぶなら
エリシアS
エリシアS

引用元:シグマソリューション公式HP
https://www.sigma-sol.co.jp/products/elixirs/

こんな薬歴
  • 患者一人一人にあわせた指導文を簡単に作成

  • 経営を強化できる機能を
    多数搭載&経営支援も

公式HPで
詳細を見る

電話で製品について
問い合わせる

エリシアSの
機能性について
詳しく見る

クラウド型
【費用】で選ぶなら
MEDIXS®
メディクス

引用元:アクシス公式HP
https://medixs.jp/

こんな薬歴
  • 端末増設時に追加費用

    かからない定額制

  • 均一な薬歴作成を
    図れる
    シンプルな
    製品

公式HPで
詳細を見る

電話で製品について
問い合わせる

MEDIXS®が
費用を抑えられる
理由を見る

クラウド型
【ユーザーコミュニティ】で選ぶなら
Musubi
Musubi

引用元:カケハシ公式HP
https://musubi.kakehashi.life/

こんな薬歴
  • 課題を共有し意見交換ができる
    交流会を開催

  • 各分野の専門講師
    によるセミナーで
    スキルアップ

公式HPで
詳細を見る

電話で製品について
問い合わせる

Musubiの
コミュニティ
の詳細を見る

※選定条件:Google検索「電子薬歴」でヒットした36製品(2022年2月9日時点)のうち、「指導文作成を効率化する機能」「処方監査機能」「サポート体制完備」「在宅訪問に対応」機能が搭載されている電子薬歴の中から、それぞれ以下の条件で選定。
※機能で選ぶなら:指導文について、定型文ではなく自分で考え、編集できる機能が唯一ある
※費用で選ぶなら:端末が増えても追加費用が掛からない電子薬歴の内、更新費用が無料と公式HPに明記されている製品
※ユーザーコミュニティで選ぶなら:ユーザーが参加できる交流会を唯一開催