電子薬歴導入ガイド » 【PR】クラウド型とレセコン一体型のいいとこどり!今注目の電子薬歴に迫る » 【PR】ミライシアホールディング様
導入インタビュー

【PR】ミライシアホールディング様
導入インタビュー

株式会社ミライシアホールディング 代表取締役 神山 武士様

薬局事業、保育事業を行っているミライシアホールディング様。薬局では、無菌調剤室の設置により、注射剤の調製も行っています。

人口800人ほどの、北海道で1番小さな村でも薬局を運営し、そこではニーズに合わせて日用雑貨なども取り扱っています。

▼ミライシアホールディング(https://miraisia.co.jp/)

導入サービス

シグマソリューションズ様のエリシアSを導入されています。

Point1. 在宅医療において、タブレット薬歴の操作性に課題を感じていた

Q. エリシアSを導入前の課題・困っていた点をお教えください。

A. 操作性の部分です。私たちは薬剤師の在宅訪問を積極的に行っているのですが、以前シグマソリューションズさんのエリシア2を使用していました。

在宅医療においてタブレットの電子薬歴を利用できるところは良かったのですが、タブレットですと【薬歴が数回前までしか見ることが出来ない】状態でした

そこを解決してくれたがエリシアSです。

Point2. 薬剤師の作業負担を軽減することができた

Q. エリシアSへ変更した後はいかがでしたか?

A. 「タブレットの操作性」がエリシア2よりも非常によくなりました。

薬局内のブラウザで見る薬歴とタブレットで見る薬歴に差異がなくなったのでそこの課題が解決しました。

また、AIの服薬サジェスト指導機能(特許を取得)も非常に良いです。服薬指導をおこないながら、タブレットに薬歴を入力できるため、今まで在宅訪問から帰ってきたあとに薬歴を入力していましたが、その必要がなくなりました。

それにより、薬剤師の残業の負担を減らすことが出来ています

Point.3 服薬のサジェスト指導機能が薬剤師をアシストしてくれている

Q. エリシアSの服薬のサジェスト指導機能は特許もとられていますね。ご満足のポイントをお教えいただけますか?

A.1つは薬剤師の負担が軽減できたことです。

同じ薬をずっと服用している患者さんに対しては、どうしても同じ服薬指導になってしまいます

エリシアSには服薬指導のサジェスト機能があり、いくつか服薬指導文が出てくるので、そこは助けられました。

また、薬剤師の指導文も凝り固まってしまいがちなところも出てきてしまうので、服薬指導の勉強、引き出しを増やせるという意味でも役立っています

Point.4 在宅医療を行う上で、機能面に助けられた

Q. エリシアSのご満足いただいてる点をお教えください。

A. スクラムシステム機能に満足をしております

在宅医療を行う上で使いやすく、見やすいからこそ助かっています。

Point5. 現場のトラブルでも迅速に対応してくれた

Q. シグマソリューションズ様の対応面でご満足いただいてる点をお教えください。

A. フットワークが軽く、臨機応変にかつ即対応をしてくださるので、助かっています。

以前、私たちの薬局で画面がフリーズするというトラブルが起きました。

その際、すぐに代替品を持ってきてくれたので、サポート面でも非常に安心できると感じています。

Point6. 薬局のあり方に合わせて開発・連携をお願いしたい

Q. 今後シグマソリューションズ様に期待していることをお教えください。

A.薬局に求められているサービスが多様化していますので、そこに合わせた開発・連携をお願いしたいと思います。

薬剤師の在宅訪問やオンライン上など非接触型の受け渡しなど、服薬方法も多岐にわたってくるので、運営の面でも助けていただきたいです

それこそ宣伝になってしまいますが、

 私たちの新サービス、不動になった医薬品を交換できるサービスとも連携ができますので、今後も強化していって欲しいと思います。

▼医薬品の不動在庫マッチングサービス

ミライシアホールディングが開発した医薬品の不動在庫マッチングサービスはこちら

https://info.bakuricco.com/

インタビュー後記:電子薬歴導入ガイド編集部

在宅医療を進めていきたいというご方針の中で、服薬指導だけではなく、経営の面でも様々な壁があったようです。その経営・運用のアシストをしてくれていたのがエリシアSでした。薬剤師の目線の服薬サジェスト指導機能だけではなく、経営者目線のスクラムシステムがミライシアホールディング様の経営を支えているようです。

複数薬局を経営している方はぜひ一度エリシアSの導入を考えてみてください。

エリシアSのご紹介

経営面でも有効活用ができる電子薬歴エリシアSのご紹介

公式HPでエリシアS
について詳しく見る

電子薬歴選びの
3つのポイント

調剤薬局でもIT化はとどまるところを知らず、電子薬歴の普及率は80%を超えています(※)。様々な製品が開発・改良される中で、電子薬歴が業務を効率化できるというのは、もはや当たり前。
他方で、一体型、クラウド型、ハイブリッド型といった製品タイプだけで選ぶべきではありません。
製品選びで重要なのは、その上でさらに何を電子薬歴に求めるかなのです。

ここでは、Google検索「電子薬歴」でヒットした36製品を調査(2022年2月9日時点)。「指導文作成を効率化する機能」「処方監査機能」「サポート体制完備」「在宅訪問に対応」といった、基本的な機能が搭載されている電子薬歴の中で、「機能」「費用」「ユーザーコミュニティ」の3つのポイントに沿っておすすめの製品を紹介します。

※参照元:厚生労働省「かかりつけ薬剤師・薬局に関する調査報告書[PDF](https://www.mhlw.go.jp/content/000509233.pdf)
ハイブリッド型
【機能】で選ぶなら
エリシアS
エリシアS

引用元:シグマソリューション公式HP
https://www.sigma-sol.co.jp/products/elixirs/

こんな薬歴
  • 患者一人一人にあわせた指導文を簡単に作成

  • 経営を強化できる機能を
    多数搭載&経営支援も

公式HPで
詳細を見る

電話で製品について
問い合わせる

エリシアSの
機能性について
詳しく見る

クラウド型
【費用】で選ぶなら
MEDIXS®
メディクス

引用元:アクシス公式HP
https://medixs.jp/

こんな薬歴
  • 端末増設時に追加費用

    かからない定額制

  • 均一な薬歴作成を
    図れる
    シンプルな
    製品

公式HPで
詳細を見る

電話で製品について
問い合わせる

MEDIXS®が
費用を抑えられる
理由を見る

クラウド型
【ユーザーコミュニティ】で選ぶなら
Musubi
Musubi

引用元:カケハシ公式HP
https://musubi.kakehashi.life/

こんな薬歴
  • 課題を共有し意見交換ができる
    交流会を開催

  • 各分野の専門講師
    によるセミナーで
    スキルアップ

公式HPで
詳細を見る

電話で製品について
問い合わせる

Musubiの
コミュニティ
の詳細を見る

※選定条件:Google検索「電子薬歴」でヒットした36製品(2022年2月9日時点)のうち、「指導文作成を効率化する機能」「処方監査機能」「サポート体制完備」「在宅訪問に対応」機能が搭載されている電子薬歴の中から、それぞれ以下の条件で選定。
※機能で選ぶなら:指導文について、定型文ではなく自分で考え、編集できる機能が唯一ある
※費用で選ぶなら:端末が増えても追加費用が掛からない電子薬歴の内、更新費用が無料と公式HPに明記されている製品
※ユーザーコミュニティで選ぶなら:ユーザーが参加できる交流会を唯一開催