電子薬歴導入ガイド » 【PR】クラウド型とレセコン一体型のいいとこどり!今注目の電子薬歴に迫る » 【PR】よつば薬局様 導入インタビュー

【PR】よつば薬局様 導入インタビュー

よつば薬局
管理薬剤師 赤坂 泰平様

千葉県四街道市にあるよつば薬局様。

地域に根付いた薬局のため、夜間の電話対応などもおこない

患者に寄り添った経営をしている薬局です。

導入サービス

シグマソリューションズ様のエリシアSを導入されています。

Q.エリシアSを導入するきっかけはどのようなものでしたか?

A.私は、独立を見据えて転職をしておりまして、

①青森の薬局に勤務⇒②青森から千葉の薬局へ転職⇒③よつば薬局を事業承継

という背景がございます。

 青森の薬局で働いていた際にエリシアSを使用しておりました

 千葉の薬局に転職した際、他のメーカーもいくつか使用していたこともあるのですが、

エリシアSが一番使いやすかったので、こちらでも使いたいと思ったのがきっかけです。

Q.エリシアSが使いやすかったとのことですが、具体的にお教えいただけますか?

A.まずは、薬歴の見やすさです。

  文字だけではなく、イラストなど使用してくださっているので、

パッと見たとき瞬時に判断がしやすいと思いました。

  よつば薬局は薬剤師が一人のため、忙しい時間帯が発生してしまうのですが、

その際にすぐ判断ができる視認性という点はメリットです。

Q.他にも便利だと思った点などはございますか?

A.レセコンだけではなく、子機でも処方入力ができるところです。

 処方入力や薬の在庫管理など出来ているので助かっています。

 オンライン請求や発注などのソフトが連携されていないメーカーを使用したことが

 あるのですが、連携していないと手間なので、エリシアSはその手間が無いです。

Q.今後の薬局事業において、エリシアSが役立つと感じるポイントなどはありますか?

A.代替薬ガイドですかね。いまお薬があまり入ってこないので、

どうしても代替薬で対応することが増えてくると思いますので、

他のお薬で代替できないかという点は薬局にとって重要なので

今後役立っていくと思いました。

Q.経営的に見たとき便利だと感じる機能などはありますか?

後発薬の割合を瞬時に見ることができる点でしょうか。

日々の業務だとなかなか意識しない部分ですが、

分かりやすくグラフになっているので、この品目をどれくらい後発薬に

変えたほうが良いのかなどの判断にもつながります。

 また、見積もり機能なども以前はExcelを使用していたのですが、役立っています。

Q.エリシアSを導入した後助かったことなどありますか?

A.電子薬歴の入れ替えの際、1日で引継ぎを行って開業しなければならなかったのですが、

 その際に非常にスムーズに対応してくださり、無事間に合いました。

 また、過去にきていた患者さんの情報も【新患】ではなくきちんと過去のデータが

 引継ぎされていたことも助かりました。

 開業した後も2日間ほど立ち合いをしてくださったので、

最初のタイミングでも非常に心強かったです。

本当にありがとうございました。

Q.今後シグマソリューションズ様にご期待されていることをお教えください。

A.エリシアSを使用していて感じるのは「デメリットが無い」ということです。

 様々な薬局さんからの声を聞いてアップデートを今後もしていっていただけると

 自分の気づかなかった点もどんどん良くなっていくと思いますので、

今後も期待しています。

▼インタビュー後記:電子薬歴導入ガイド編集部

よつば薬局様は地域に根付いている薬局だからこそ、患者さんの情報をきちんと

引き継がれていたり、経営面や機能性の部分でエリシアSに助けられていました。

人がなかなか確保できなかったり、薬が確保できないなどの状況があるなかで

薬局によりそった機能を兼ね備えているのがエリシアSです。

無料デモもおこなっているので、ぜひ公式HPをご覧ください。

エリシアSのご紹介

経営面でも有効活用ができる電子薬歴エリシアSのご紹介

電子薬歴選びの
3つのポイント

調剤薬局でもIT化はとどまるところを知らず、電子薬歴の普及率は80%を超えています(※)。様々な製品が開発・改良される中で、電子薬歴が業務を効率化できるというのは、もはや当たり前。
他方で、一体型、クラウド型、ハイブリッド型といった製品タイプだけで選ぶべきではありません。
製品選びで重要なのは、その上でさらに何を電子薬歴に求めるかなのです。

ここでは、Google検索「電子薬歴」でヒットした36製品を調査(2022年2月9日時点)。「指導文作成を効率化する機能」「処方監査機能」「サポート体制完備」「在宅訪問に対応」といった、基本的な機能が搭載されている電子薬歴の中で、「機能」「費用」「ユーザーコミュニティ」の3つのポイントに沿っておすすめの製品を紹介します。

※参照元:厚生労働省「かかりつけ薬剤師・薬局に関する調査報告書[PDF](https://www.mhlw.go.jp/content/000509233.pdf)
ハイブリッド型
【機能】で選ぶなら
エリシアS
エリシアS

引用元:シグマソリューション公式HP
https://www.sigma-sol.co.jp/products/elixirs/

こんな薬歴
  • 患者一人一人にあわせた指導文を簡単に作成

  • 経営を強化できる機能を
    多数搭載&経営支援も

公式HPで
詳細を見る

電話で製品について
問い合わせる

エリシアSの
機能性について
詳しく見る

クラウド型
【費用】で選ぶなら
MEDIXS®
メディクス

引用元:アクシス公式HP
https://medixs.jp/

こんな薬歴
  • 端末増設時に追加費用

    かからない定額制

  • 均一な薬歴作成を
    図れる
    シンプルな
    製品

公式HPで
詳細を見る

電話で製品について
問い合わせる

MEDIXS®が
費用を抑えられる
理由を見る

クラウド型
【ユーザーコミュニティ】で選ぶなら
Musubi
Musubi

引用元:カケハシ公式HP
https://musubi.kakehashi.life/

こんな薬歴
  • 課題を共有し意見交換ができる
    交流会を開催

  • 各分野の専門講師
    によるセミナーで
    スキルアップ

公式HPで
詳細を見る

電話で製品について
問い合わせる

Musubiの
コミュニティ
の詳細を見る

※選定条件:Google検索「電子薬歴」でヒットした36製品(2022年2月9日時点)のうち、「指導文作成を効率化する機能」「処方監査機能」「サポート体制完備」「在宅訪問に対応」機能が搭載されている電子薬歴の中から、それぞれ以下の条件で選定。
※機能で選ぶなら:指導文について、定型文ではなく自分で考え、編集できる機能が唯一ある
※費用で選ぶなら:端末が増えても追加費用が掛からない電子薬歴の内、更新費用が無料と公式HPに明記されている製品
※ユーザーコミュニティで選ぶなら:ユーザーが参加できる交流会を唯一開催