電子薬歴導入ガイド » 電子薬歴の基礎知識 » 電子薬歴の価格相場は?

電子薬歴の価格相場は?

電子薬歴の導入にあたって、どうしても気になるのはその価格。ここでは、電子薬歴の価格相場についてお伝えします。

電子薬歴の初期費用

タイプによって初期費用はさまざま

電子薬歴はメーカーによってさまざまなタイプがありますが、大きくオンプレミス型とクラウド型に分かれます。
前者はさらにパソコン自体に薬歴を保存するタイプと、薬局内にサーバーを設置するタイプがあります。

この中でも薬局内にサーバーを設置する場合は大がかりな機材の導入が必要だったり、端末や周辺機器がメーカー指定になることもあったりして初期費用がかさむケースがあります

いずれにしても電子薬歴の導入費用は非公開にしているメーカーがほとんどですが、おおむね100万円~200万円程度だと考えられます

もちろんこれより安くすむものもあれば高くなるものもあることを予め理解しておきましょう。

電子薬歴の月額費用

ランニングコストはどのくらい?

ほとんどの電子薬歴はランニングコストが発生します。

月額費用に関しても非公開にしているメーカーがほとんどですが、おおむね1万円~3万円程度といったところでしょうか。

ただし、端末を増設するごとに料金が上乗せしていくタイプと、何台端末を増やしても月額費用は変わらないタイプがあります。
そのあたりは導入前にきちんと確認しておきましょう。何台増設しても変わらないところは良いのですが、数台契約した結果、思わぬランディングコストが発生してしまう可能性があります。

ランニングコストはその費用だけ考えるのではなく、実際に導入してどれぐらい効率化がはかれたか、どれだけ時短になったのかという費用対効果を考える必要があります。
その上で得をしているのか損をしているのかを把握しましょう。

オンプレミス型・クラウド型・ハイブリッド型の費用の違い

オンプレミス型

オンプレミスは導入コストが比較的高くなる傾向にあります。システムを自社で構築することが理由として挙げられます。ソフトウェアとハードウェアを自社で用意する上に、ライセンスの取得も必要です。ソフトウェアのインストールやハードウェアも付属機器が求められます。そのため、導入費用が高くなりがちです。

運用も自社で行います。サーバも用意して管理し、メンテナンスや障害対応も全般行わなければなりません。そのため、システム担当者はシステムの熟知が求められます。外部業者に委託するとしても人件費が高くなりやすい点も注意が必要です。

クラウド型

クラウド型は初期費用が不要です。そのため、スタートする際、予算に余裕がない状況では導入しやすいのが特徴。物理サーバやハードウェアを自社で用意しなくてもいいのもコスト面ではメリットです。ただし、あくまで初期費用の部分だけですから注意が求められます。

クラウド型は従量課金制を取っている場合があるからです。月額コストは抑えられるかもしれませんが、使用量が増えるとコストが増える場合も。長期的に利用することを考えると、最終的にはコストが大きくなることもあります。

ハイブリッド型

ハイブリッドはオンプレミスとクラウド、それぞれのメリットを得られます。コストはオンプレミスとクラウドの中間からオンプレミスと同じぐらいです。クラウド部分に任せられる部分があるため、初期コストはオンプレミスのみより多少は抑えられます。

ただし、システムが複雑だと運用管理をするため担当者が必要となり、コストが増える場合もあります。

電子薬歴は導入費用・ランニングコストの安さで選ぶべき?

コスト面を考えると、初期費用を抑えたいならクラウド型がおすすめです。しかしこれは初期費用だけに注目した場合であり、長期的に見ると、オンプレミスやハイブリットのほうがコストは安くなる場合もあります。

オンプレミスはインフラ面で自社による構築と管理を行うため、カスタマイズ性の高さがメリットといえます。また、独自のハイレベルなセキュリティ対策も行えます。外部からの攻撃を考える上で有利ですし、利用制限も自由に調整できるのです。

ハイブリッドもオンプレミスとクラウドのメリットを最大限活かせます。記録した情報は、自社内のサーバ、またはインターネット上のクラウドにも保管できるのもメリットです。万が一、災害に巻き込まれてもデータを復元できる場合もあります。

電子薬歴の導入を検討する場合、価格以外の面もチェックしましょう。機能、使い勝手、セキュリティ面も踏まえ、クリニックに合った電子薬歴を選んだほうが得策です。また、コスト面に気を使う場合、IT補助金の対象になるかどうかも重要。補助金の対象となる電子薬歴であれば、コストの問題もクリアできる場合があるため、チェックしてみてください。

電子薬歴にも
IT導入補助金が適用される

IT導入補助金とは、中小企業・小規模事業者が自社の課題やニーズに合ったソフトウェアやクラウドサービス等のITツールを導入する際に支援される補助金です。

導入にかかる経費の一部を国が補助し、企業の業務効率改善・売上の向上を支援する制度で、最大450万円が補助されます。

電子薬歴にもこのIT導入補助金が適用されるため、電子薬歴を導入する際には、導入を検討している電子薬歴がIT導入補助金対象のITツールとして登録されているかを確認項目のひとつとしておくとよいでしょう。

まとめ

当然ながら調剤薬局の規模が大きくなれば端末の台数も増えるので、電子薬歴の導入費用は大きく変わってきます。

近年では薬局外でも操作入力ができることからクラウド型の電子カルテが普及しつつありますが、薬局内へのサーバー設置が不要など導入費用を抑えることができるのも大きなメリットといえます。
ぜひこれを機に、電子薬歴の導入を検討してみてはいかがでしょうか?

本サイトでは「クラウド型」「レセコン一体型」「ハイブリッド型」という種類ではなく、それぞれの薬局が何をもって電子薬歴を選ぶべきか、3つの観点からそれぞれの目的別に電子薬歴を紹介していますので、ぜひ自社に合った電子薬歴選びの参考になさってください。

3つの観点から選ぶ
自社に合った電子薬歴とは

電子薬歴選びの
3つのポイント

調剤薬局でもIT化はとどまるところを知らず、電子薬歴の普及率は80%を超えています(※)。様々な製品が開発・改良される中で、電子薬歴が業務を効率化できるというのは、もはや当たり前。
他方で、一体型、クラウド型、ハイブリッド型といった製品タイプだけで選ぶべきではありません。
製品選びで重要なのは、その上でさらに何を電子薬歴に求めるかなのです。

ここでは、Google検索「電子薬歴」でヒットした36製品を調査(2022年2月9日時点)。「指導文作成を効率化する機能」「処方監査機能」「サポート体制完備」「在宅訪問に対応」といった、基本的な機能が搭載されている電子薬歴の中で、「機能」「費用」「ユーザーコミュニティ」の3つのポイントに沿っておすすめの製品を紹介します。

※参照元:厚生労働省「かかりつけ薬剤師・薬局に関する調査報告書[PDF](https://www.mhlw.go.jp/content/000509233.pdf)
ハイブリッド型
【機能】で選ぶなら
エリシアS
エリシアS

引用元:シグマソリューション公式HP
https://www.sigma-sol.co.jp/products/elixirs/

こんな薬歴
  • 患者一人一人にあわせた指導文を簡単に作成

  • 経営を強化できる機能を
    多数搭載&経営支援も

公式HPで
詳細を見る

電話で製品について
問い合わせる

エリシアSの
機能性について
詳しく見る

クラウド型
【費用】で選ぶなら
MEDIXS®
メディクス

引用元:アクシス公式HP
https://medixs.jp/

こんな薬歴
  • 端末増設時に追加費用

    かからない定額制

  • 均一な薬歴作成を
    図れる
    シンプルな
    製品

公式HPで
詳細を見る

電話で製品について
問い合わせる

MEDIXS®が
費用を抑えられる
理由を見る

クラウド型
【ユーザーコミュニティ】で選ぶなら
Musubi
Musubi

引用元:カケハシ公式HP
https://musubi.kakehashi.life/

こんな薬歴
  • 課題を共有し意見交換ができる
    交流会を開催

  • 各分野の専門講師
    によるセミナーで
    スキルアップ

公式HPで
詳細を見る

電話で製品について
問い合わせる

Musubiの
コミュニティ
の詳細を見る

※選定条件:Google検索「電子薬歴」でヒットした36製品(2022年2月9日時点)のうち、「指導文作成を効率化する機能」「処方監査機能」「サポート体制完備」「在宅訪問に対応」機能が搭載されている電子薬歴の中から、それぞれ以下の条件で選定。
※機能で選ぶなら:指導文について、定型文ではなく自分で考え、編集できる機能が唯一ある
※費用で選ぶなら:端末が増えても追加費用が掛からない電子薬歴の内、更新費用が無料と公式HPに明記されている製品
※ユーザーコミュニティで選ぶなら:ユーザーが参加できる交流会を唯一開催