電子薬歴導入ガイド » 電子薬歴業界の新着ニュース » 電子処方箋の調剤結果を電子薬歴へ反映可能に

電子処方箋の調剤結果を電子薬歴へ反映可能に

このページでは、2023年1月より運用が開始された電子処方箋と電子薬歴の連携について解説。また、近年の医療DXと電子処方箋の関係についてもまとめています。

電子処方箋と電子薬歴の連携に関する概要

電子処方箋を導入する薬局が増えているなか、電子薬歴との連携に関する問題も指摘されています。

電子処方箋はレセコンに接続されたオンライン資格確認端末を介して連携を行なっているという特性から、レセコンとメーカーが異なる電子薬歴との情報連携については仕様が定められていません。それにより、レセコンとメーカーが異なる電子薬歴を導入している場合は、レセコンで作成した調剤結果情報を電子薬歴に反映できないのが現状です。

JAHISが2023年秋に仕様書を公開予定

電子処方箋と電子薬歴の連携は、電子処方箋の開始初期から水面下で課題にあげられている問題です。

JAHIS(保健医療福祉情報システム工業会)では、電子処方箋と電子薬歴の連携に関する問題を解決すべく、協議を実施。その結果、レセコンと電子薬歴システムの連携に必要な標準仕様を定めた仕様書が2023年秋に公開される予定です。

仕様書が公開されれば、メーカーが異なるレセコンで作成した調剤結果情報も電子薬歴に反映可能となります。

参照元: PHARMACY NEWSBREAK
(https://pnb.jiho.jp/article/229321)

近年の医療DXと電子処方箋について

背景にあるデジタル化の遅れに対する危機意識

政府が医療DX施策としてオンライン資格確認と電子処方箋を見切り発車ともいえる速度で進める背景には、コロナ化で明らかになった医療分野のデジタル化への遅れに対する危機意識があげられます。

政府は全国で医療情報をやり取り可能なプラットフォームを早急に構築する必要があるとし、2021年10月にオンライン資格確認、続いて2023年1月から電子処方箋の運用を矢継ぎ早に開始。医療機関・保険薬局・患者間で医薬品データを連携できる体制を構築することで、医療の質向上および医薬品の効率的な使用を目指しています。

医療DX推進で実現を目指す「データヘルス改革」

政府は医療DX施策となるオンライン資格確認と電子処方箋を進めることにより、共有する医療情報の範囲を、検査結果や病歴、手術歴と順次拡大する見込み。最終的にはカルテまでも医療機関・保険薬局・患者間で共有できる仕組みを目指しています。

医療情報を二次利用できる仕組みを構築することで新たな価値を創出し、医療DXの中核となる「データヘルス改革」の実現へとつながると考えられているのです。電子処方箋にも、政府が目指すデータヘルス改革実現への貢献が期待されています。

電子薬歴選びの
3つのポイント

調剤薬局でもIT化はとどまるところを知らず、電子薬歴の普及率は80%を超えています(※)。様々な製品が開発・改良される中で、電子薬歴が業務を効率化できるというのは、もはや当たり前。
他方で、一体型、クラウド型、ハイブリッド型といった製品タイプだけで選ぶべきではありません。
製品選びで重要なのは、その上でさらに何を電子薬歴に求めるかなのです。

ここでは、Google検索「電子薬歴」でヒットした36製品を調査(2022年2月9日時点)。「指導文作成を効率化する機能」「処方監査機能」「サポート体制完備」「在宅訪問に対応」といった、基本的な機能が搭載されている電子薬歴の中で、「機能」「費用」「ユーザーコミュニティ」の3つのポイントに沿っておすすめの製品を紹介します。

※参照元:厚生労働省「かかりつけ薬剤師・薬局に関する調査報告書[PDF](https://www.mhlw.go.jp/content/000509233.pdf)
ハイブリッド型
【機能】で選ぶなら
エリシアS
エリシアS

引用元:シグマソリューション公式HP
https://www.sigma-sol.co.jp/products/elixirs/

こんな薬歴
  • 患者一人一人にあわせた指導文を簡単に作成

  • 経営を強化できる機能を
    多数搭載&経営支援も

公式HPで
詳細を見る

電話で製品について
問い合わせる

エリシアSの
機能性について
詳しく見る

クラウド型
【費用】で選ぶなら
MEDIXS®
メディクス

引用元:アクシス公式HP
https://medixs.jp/

こんな薬歴
  • 端末増設時に追加費用

    かからない定額制

  • 均一な薬歴作成を
    図れる
    シンプルな
    製品

公式HPで
詳細を見る

電話で製品について
問い合わせる

MEDIXS®が
費用を抑えられる
理由を見る

クラウド型
【ユーザーコミュニティ】で選ぶなら
Musubi
Musubi

引用元:カケハシ公式HP
https://musubi.kakehashi.life/

こんな薬歴
  • 課題を共有し意見交換ができる
    交流会を開催

  • 各分野の専門講師
    によるセミナーで
    スキルアップ

公式HPで
詳細を見る

電話で製品について
問い合わせる

Musubiの
コミュニティ
の詳細を見る

※選定条件:Google検索「電子薬歴」でヒットした36製品(2022年2月9日時点)のうち、「指導文作成を効率化する機能」「処方監査機能」「サポート体制完備」「在宅訪問に対応」機能が搭載されている電子薬歴の中から、それぞれ以下の条件で選定。
※機能で選ぶなら:指導文について、定型文ではなく自分で考え、編集できる機能が唯一ある
※費用で選ぶなら:端末が増えても追加費用が掛からない電子薬歴の内、更新費用が無料と公式HPに明記されている製品
※ユーザーコミュニティで選ぶなら:ユーザーが参加できる交流会を唯一開催