電子薬歴導入ガイド » 調剤薬局の経営面から見る電子薬歴にできること » 調剤薬局のDX化

調剤薬局のDX化

近年、さまざまな業界でデジタル・トランスフォーメーション(DX)への取り組みが広がっています。医療業界でもDX化に取り組む機関が増えていますが、調剤薬局においても他人事ではありません。将来の経営を見据えるなら、積極的に取り組むべきでしょう。ここでは、調剤薬局のDX化について詳しく解説します。

DX化について

DXとは、Digital Transformation(デジタルトランスフォーメーション)の略語で、デジタル技術を用いた自動化や変革のことをいいます。日本では近年提唱され始めた概念で、多数の業界がDX化に取り組んでいます。

似たような概念にIT化があります。しかし、IT化は業務のデジタル化やペーパーレス化を指すのに対し、DXは既存業務自体の大幅な見直しや刷新、変革を目的としたものです。IT機器はもちろん、ビッグデータやAIなども活用し、業務フローそのものを変えてしまう場合もあります。そのため、DXは単なる業務のIT化ではなく、より広い意味合いを持っているのが特徴です。

DX化が実現されないとどうなる?

日本ではDX化の重要性が叫ばれていますが、すでに既存システムが各事業・部門ごとに構築されているという問題を抱えています。こうした課題を解決するには、部門の見直しや再編、場合によっては経営改革に踏み込む必要があるでしょう。

一方、DX化が実現できなかった場合、2025年に年間12兆円の経済的な損失が生じると考えられています。2025年の壁と呼ばれている問題で、2018年時点と比べて3倍に膨れ上がるとされています。

参照:【PDF】経済産業省公式HP(https://www.meti.go.jp/shingikai/mono_info_service/digital_transformation/pdf/20180907_01.pdf)

こうした課題を解決するには、DX化をスピーディに進める必要があります。調剤薬局においても、DX化は進めたほうがよいでしょう

調剤薬局の課題とDX化

調剤薬局は、診療報酬や薬価改定リスクや薬剤師不足などの課題を抱えています。DX化は、こうした課題の解決に寄与する可能性があります。

診療報酬や薬価改定

日本は少子高齢化に伴う医療費の拡大が問題になっており、今後診療報酬や薬価の引き下げが続くことが予想されます。純粋な売上減少といえるため、人件費などのコストカットの徹底が求められるでしょう。

薬剤師の数

また、薬剤師の人数は増加傾向にあるものの、ドラッグストアなどの店舗増加に対応できず、人手不足の状況が続いています。調剤薬局でも薬剤師の獲得が難しい状態のため、DX化による業務の効率化や省力化は必要不可欠といえるでしょう。

サービスの多様化

調剤薬局に求められるサービスも多様化しています。少子高齢化に伴い、調剤薬局は「かかりつけ薬局」としての機能・役割が求められています。医療機関との連携はもちろん、服薬情報の管理や在宅訪問など、従来以上に多様なサービスへの対応が必要とされています。より対人を意識した業務への転換が必須ですが、それには対物業務の省力化や自動化が欠かせません。

薬剤師の環境はDX化によって大きく変わる

上記のような問題を抱える調剤薬局ですが、DX化によって環境を変えることも不可能ではありません。しかし、DX化を進めるにあたっては、薬剤師にもITリテラシーが求められる可能性があります。スタッフのIT研修や教育だけでなく、薬局全体でリテラシーを高める環境づくりが必要です。

また、患者さん以外とのコミュニケーションも求められます。薬剤師の役割は多様化しており、医師や看護師との連携や、患者家族とのやり取りなど、これまでと違ったコミュニケーション機会が増えると考えられます。こうした状況に対応するには、薬剤師のコミュニケーションスキルを高める必要があります。

電子薬歴選びの
3つのポイント

調剤薬局でもIT化はとどまるところを知らず、電子薬歴の普及率は80%を超えています(※)。様々な製品が開発・改良される中で、電子薬歴が業務を効率化できるというのは、もはや当たり前。
他方で、一体型、クラウド型、ハイブリッド型といった製品タイプだけで選ぶべきではありません。
製品選びで重要なのは、その上でさらに何を電子薬歴に求めるかなのです。

ここでは、Google検索「電子薬歴」でヒットした36製品を調査(2022年2月9日時点)。「指導文作成を効率化する機能」「処方監査機能」「サポート体制完備」「在宅訪問に対応」といった、基本的な機能が搭載されている電子薬歴の中で、「機能」「費用」「ユーザーコミュニティ」の3つのポイントに沿っておすすめの製品を紹介します。

※参照元:厚生労働省「かかりつけ薬剤師・薬局に関する調査報告書[PDF](https://www.mhlw.go.jp/content/000509233.pdf)
ハイブリッド型
【機能】で選ぶなら
エリシアS
エリシアS

引用元:シグマソリューション公式HP
https://www.sigma-sol.co.jp/products/elixirs/

こんな薬歴
  • 患者一人一人にあわせた指導文を簡単に作成

  • 経営を強化できる機能を
    多数搭載&経営支援も

公式HPで
詳細を見る

電話で製品について
問い合わせる

エリシアSの
機能性について
詳しく見る

クラウド型
【費用】で選ぶなら
MEDIXS®
メディクス

引用元:アクシス公式HP
https://medixs.jp/

こんな薬歴
  • 端末増設時に追加費用

    かからない定額制

  • 均一な薬歴作成を
    図れる
    シンプルな
    製品

公式HPで
詳細を見る

電話で製品について
問い合わせる

MEDIXS®が
費用を抑えられる
理由を見る

クラウド型
【ユーザーコミュニティ】で選ぶなら
Musubi
Musubi

引用元:カケハシ公式HP
https://musubi.kakehashi.life/

こんな薬歴
  • 課題を共有し意見交換ができる
    交流会を開催

  • 各分野の専門講師
    によるセミナーで
    スキルアップ

公式HPで
詳細を見る

電話で製品について
問い合わせる

Musubiの
コミュニティ
の詳細を見る

※選定条件:Google検索「電子薬歴」でヒットした36製品(2022年2月9日時点)のうち、「指導文作成を効率化する機能」「処方監査機能」「サポート体制完備」「在宅訪問に対応」機能が搭載されている電子薬歴の中から、それぞれ以下の条件で選定。
※機能で選ぶなら:指導文について、定型文ではなく自分で考え、編集できる機能が唯一ある
※費用で選ぶなら:端末が増えても追加費用が掛からない電子薬歴の内、更新費用が無料と公式HPに明記されている製品
※ユーザーコミュニティで選ぶなら:ユーザーが参加できる交流会を唯一開催