電子薬歴導入ガイド » 電子薬歴業界の新着ニュース » 【2023年】電子薬歴が出展される医療展示会情報

【2023年】電子薬歴が出展される医療展示会情報

このページでは、医療機器展示会の効率的な情報収集のポイントをご紹介します。ポイントを把握しておけばより多くの情報を得られます。

医療機器展示会(主催:株式会社セイエル)

展示会の内容

株式会社セイエル主催の医療機器展示会です。2023年6月15日に岡山で開催される医療機器展示会では、医療デジタルトランスフォーメーション機器を含めた多種多様な最新機器が用意されます。セイエルの顧客支援システムも多数展示され、約20社以上のメーカーが出展します。

展示会の開催日時

2023年6月15日(木) 13:00-18:30(最終受付18:00)

開催場所

岡山コンベンションセンター レセプションホール 〒700-0024 岡山県岡山市北区駅元町14番1号

参照元:株式会社セイエル|6月開催 医療機器展示会のご案内
(https://www.saywell.co.jp/wp/wp-content/uploads/2023/04/イベント概要はこちら.pdf)

保険薬局支援展 2023(第4回)

展示会の内容

保険薬局支援展は、保険薬局のための展示商談会です。日本薬剤師会や日本保険薬局協会後援で、調剤薬局の業務や経営を支援する製品やサービスや情報を集めています。他にも、日本保険薬局との共催セミナーも実施。設備機器、ITシステム、経営業務支援、販売品やその他などが集まります。

展示会の開催日時

2024年2月20日(火)・21日(水)・22日(木) 10:00-17:00

※2023年の第4回はすでに終了しました。次は来年2月に第5回が開催予定です。

開催場所

東京ビッグサイト 東ホール

参照元:インフォーママーケッツジャパン株式会社|保険薬局支援展
(https://www.care-show.com/hoken-yakkyoku/)

医療機器展示会(主催:アルフレッサ株式会社)

展示会の内容

医療機器展示会は、アルフレッサ株式会社が主催する、電子カルテ・調剤薬局機器の展示会です。展示ブースにて、主要8メーカーの最新電子カルテシステム、業務効率化促進のための調剤薬局向け最新機器を展示します。電子カルテシステムや調剤薬局向けの最新機器情報を得られます。

展示会の開催日時

2023年 2月 4日(土)13:00 ~ 18:00

※2023年度はすでに終了しています。

開催場所

加古川商工会議所(加古川プラザホテル1階展示ホール)〒675-0064加古川市加古川町溝之口800

(pdf)参照元:アルフレッサ株式会社 |医療機器展示会
(https://www.alfresa.co.jp/upload/pdf/art_59672ce01fab96bf34982117dcd3c910.pdf)

薬剤師が医療展示会へ参加するメリット・ポイント

薬剤師が医療展示会へ参加する意味はあります。ただ、メリットもありますがデメリットもあるため、そのポイントを解説します。

医療展示会参加のメリットは?

医療展示会に限らず展示会は、ユーザー、業者に向けて新製品情報や業界のトレンドを発信する場です。医療分野のシステムや機器やサービスは日々進化しています。ただ、ニーズを満たす情報は、意識して収集しないと簡単には得られないものです。

医療展示会は複数の各メーカーが一同に介します。出展社から直接話しを聞けますから情報収集の労力が減るのです。また、特定の目的がなくても、ただ見ているだけでも楽しいですし、課題に気づいて解決できる商品やサービスが見つかる可能性もあります。

医療展示会を見て回るためのポイント

  1. 目的の整理
  2. 事前リサーチ
  3. ルートの組み立て
  4. 目当て以外のブースも見る
  5. デモや商談はフットワーク軽く

上記が主なポイントです。押さえておくと、効率的な情報収集できます。最初は目的を整理することです。闇雲に歩き回るよりなんのために情報収集するか整理します。目的が明確だとムダがなくなり効率的です。

事前リサーチもしておきます。出展企業とその内容をリサーチすれば、優先順位が明確になり、会場に到着して直行できるのです。事前の商談予約もできます。

会場に到着したら、会場マップも手に入れましょう。他にも多くの企業が出展しています。事前リサーチで優先順位を決めておき、目的の会社を見て終わっても、他に興味をそそられる製品やサービスが見つかるかも知れません。会場マップに印をつければ効率的に情報収集ができるルートを構築できます。

事前リサーチで目的の会社の製品やサービスの情報収集や商談が終わってもすぐに帰るのはもったいないです。よく知らなかった企業がよりよい製品やサービスを提供しているかもしれません。基本的に似たようなジャンルはブースが隣接しています。チェックして損はありません。

医療展示会に参加する前の準備

医療展示会では準備も重要です。前提として動きやすい服装がいいでしょう。移動が多いため、スニーカーのほうがいいです。サンプル品や試料やノベルティをもらえることが多いため、手が自由になるようにリュックを背負ったほうがいいでしょう。

リュック以外なら大きめのトートバッグも便利です。また、ランチタイムは展示会参加者が近隣のお店に行きます。ランチタイムは人が少ないため見て回りやすい時間です。そのためランチタイムをずらして、人がいないときに見て回り、人が落ち着いたお店で昼食を取れます。

また一日中歩き回るとのども渇きます。自動販売機や水を用意していることもありますが、一応自分でも飲み物を持参しておくのもおすすめです。

電子薬歴選びの
3つのポイント

調剤薬局でもIT化はとどまるところを知らず、電子薬歴の普及率は80%を超えています(※)。様々な製品が開発・改良される中で、電子薬歴が業務を効率化できるというのは、もはや当たり前。
他方で、一体型、クラウド型、ハイブリッド型といった製品タイプだけで選ぶべきではありません。
製品選びで重要なのは、その上でさらに何を電子薬歴に求めるかなのです。

ここでは、Google検索「電子薬歴」でヒットした36製品を調査(2022年2月9日時点)。「指導文作成を効率化する機能」「処方監査機能」「サポート体制完備」「在宅訪問に対応」といった、基本的な機能が搭載されている電子薬歴の中で、「機能」「費用」「ユーザーコミュニティ」の3つのポイントに沿っておすすめの製品を紹介します。

※参照元:厚生労働省「かかりつけ薬剤師・薬局に関する調査報告書[PDF](https://www.mhlw.go.jp/content/000509233.pdf)
ハイブリッド型
【機能】で選ぶなら
エリシアS
エリシアS

引用元:シグマソリューション公式HP
https://www.sigma-sol.co.jp/products/elixirs/

こんな薬歴
  • 患者一人一人にあわせた指導文を簡単に作成

  • 経営を強化できる機能を
    多数搭載&経営支援も

公式HPで
詳細を見る

電話で製品について
問い合わせる

エリシアSの
機能性について
詳しく見る

クラウド型
【費用】で選ぶなら
MEDIXS®
メディクス

引用元:アクシス公式HP
https://medixs.jp/

こんな薬歴
  • 端末増設時に追加費用

    かからない定額制

  • 均一な薬歴作成を
    図れる
    シンプルな
    製品

公式HPで
詳細を見る

電話で製品について
問い合わせる

MEDIXS®が
費用を抑えられる
理由を見る

クラウド型
【ユーザーコミュニティ】で選ぶなら
Musubi
Musubi

引用元:カケハシ公式HP
https://musubi.kakehashi.life/

こんな薬歴
  • 課題を共有し意見交換ができる
    交流会を開催

  • 各分野の専門講師
    によるセミナーで
    スキルアップ

公式HPで
詳細を見る

電話で製品について
問い合わせる

Musubiの
コミュニティ
の詳細を見る

※選定条件:Google検索「電子薬歴」でヒットした36製品(2022年2月9日時点)のうち、「指導文作成を効率化する機能」「処方監査機能」「サポート体制完備」「在宅訪問に対応」機能が搭載されている電子薬歴の中から、それぞれ以下の条件で選定。
※機能で選ぶなら:指導文について、定型文ではなく自分で考え、編集できる機能が唯一ある
※費用で選ぶなら:端末が増えても追加費用が掛からない電子薬歴の内、更新費用が無料と公式HPに明記されている製品
※ユーザーコミュニティで選ぶなら:ユーザーが参加できる交流会を唯一開催