電子薬歴導入ガイド » 調剤薬局の経営面から見る電子薬歴にできること » セルフメディケーションの時代で調剤薬局ができること

セルフメディケーションの時代で調剤薬局ができること

政府・行政がセルフメディケーションを推進しています。医師や薬剤師に頼りっきりの医療ではなく、自ら健康に気を配り、できることは自らでケアするという考えですが、セルフメディケーションが推進されている時代に調剤薬局は何ができるのでしょうか。

セルフメディケーションとは

セルフメディケーションとは、自ら健康に責任を持つことを意味します。
これまで、我が国の医療は「何かあれば医者に」が基本的なスタンスでした。しかし医療費の高騰、医療スタッフの不足等を受け、軽度な不調等、自らでケアできることは自らで行うようにとの指針が生まれました。
これがセルフメディケーションです。すぐに医者に頼るのではなく、できる限り自らでケアし、自分では難しいことは医療施設にという動きです。

セルフメディケーション税

セルフメディケーションを推進するにあたり、セルフメディケーション税制が導入されました。
これは決して税金を払うのではなく、税金が戻ってくるものです。
購入額が12,000円を超えた上限88,000円までについて所得控除の対象となります※1。確定申告を行うことで申請できるもので、所得税・住民税を治め、申告対象となる1年間において特定健康診断、予防接種、定期健康診断、健康診査、がん検診のいずれかを受け、現行の医療費控除を受けていない場合に対象となります。
セルフメディケーション税制と医療費控除の併用はできない点には注意が必要です。

※1参照元:日本調剤(https://www.nicho.co.jp/column/16274/)

セルフメディケーションを利用する患者さんのために調剤薬局でできること

セルフメディケーションの推進は、医者ではなく調剤薬局やドラッグストアを強く頼ることになると考えることもできます。そこで、セルフメディケーションを利用する患者に対し、調剤薬局として何ができるのか、ご紹介しましょう。

相談しやすい環境づくり

セルフメディケーションとは、患者が自分自身で薬を選ぶ時代です。
しかし、分からない点が多いことでしょう。そこで、患者が相談しやすい環境づくりが求められます。忙しそうにして、さも患者を遠ざけているような調剤薬局と、「いつでも相談してください」と、フレンドリーな雰囲気を出している調剤薬局のどちらを患者が選ぶかといえば、やはり後者なのではないでしょうか。

適切な情報提供

患者は薬の専門家ではありませんので、分からないことが多いものです。
そのため、適切な情報提供も重要になります。「こうした方が良い」「こちらがおすすめです」といった薬剤師・調剤薬局側の主観ではなく、客観的な情報提供こそ、患者が求めていることです。
客観的で正確な情報を元に、患者は何が良いのかを考えます。無理に推薦されたり間違った情報を押し付けられたら、患者としては不愉快でしょう。

医療の窓口になる

セルフメディケーションを実践している患者にとって、医療の窓口となることこそ、セルフメディケーション時代の調剤薬局の立ち位置の一つです。
自らで判断し、ケアするセルフメディケーション。一方で、患者は薬の知識に長けている訳ではありません。
それまでであれば医療機関に足を運び、医師から適切なアドバイスを受けていたものの、セルフメディケーション時代は自ら考えなければならないのです。そこで、まさにこれまでの医療機関のような「医療の窓口」となり、患者の悩みに応える役割が求められています。

かかりつけ薬剤師となりサポートする

ただ相談に乗るだけではなく、いわば「かかりつけ薬剤師」として、様々な相談に乗ることも求められています。
いざという時のケアだけではなく、体調や体質、さらにはライフスタイルや価値観を踏まえた薬の推薦や案内等、患者のパーソナルな部分を把握してのアドバイスが求められます。
医療施設であればカルテとして記録されますが、調剤薬局の場合は薬剤師の記憶力が頼りです。しかし、メモなどを取り、患者の個性を把握し、患者に合わせたアドバイスを行うことで患者との信頼関係を構築し、「かかりつけ薬剤師」として頼りにされることでしょう。

まとめ

セルフメディケーションは自らケアを行うものです。
しかし、現実的には「医者ではない他の存在を頼る」ことになります。薬剤師は「他の存在」になれる可能性を秘めています。
患者に聞かれたことに答えるだけではなく、患者から相談されるような関係性の構築こそ、これからの調剤薬局の薬剤師に求められていることです。そのために電子薬歴を導入するなどして、患者の把握に努めることが大切です。

電子薬歴選びの
3つのポイント

調剤薬局でもIT化はとどまるところを知らず、電子薬歴の普及率は80%を超えています(※)。様々な製品が開発・改良される中で、電子薬歴が業務を効率化できるというのは、もはや当たり前。
他方で、一体型、クラウド型、ハイブリッド型といった製品タイプだけで選ぶべきではありません。
製品選びで重要なのは、その上でさらに何を電子薬歴に求めるかなのです。

ここでは、Google検索「電子薬歴」でヒットした36製品を調査(2022年2月9日時点)。「指導文作成を効率化する機能」「処方監査機能」「サポート体制完備」「在宅訪問に対応」といった、基本的な機能が搭載されている電子薬歴の中で、「機能」「費用」「ユーザーコミュニティ」の3つのポイントに沿っておすすめの製品を紹介します。

※参照元:厚生労働省「かかりつけ薬剤師・薬局に関する調査報告書[PDF](https://www.mhlw.go.jp/content/000509233.pdf)
ハイブリッド型
【機能】で選ぶなら
エリシアS
エリシアS

引用元:シグマソリューション公式HP
https://www.sigma-sol.co.jp/products/elixirs/

こんな薬歴
  • 患者一人一人にあわせた指導文を簡単に作成

  • 経営を強化できる機能を
    多数搭載&経営支援も

公式HPで
詳細を見る

電話で製品について
問い合わせる

エリシアSの
機能性について
詳しく見る

クラウド型
【費用】で選ぶなら
MEDIXS®
メディクス

引用元:アクシス公式HP
https://medixs.jp/

こんな薬歴
  • 端末増設時に追加費用

    かからない定額制

  • 均一な薬歴作成を
    図れる
    シンプルな
    製品

公式HPで
詳細を見る

電話で製品について
問い合わせる

MEDIXS®が
費用を抑えられる
理由を見る

クラウド型
【ユーザーコミュニティ】で選ぶなら
Musubi
Musubi

引用元:カケハシ公式HP
https://musubi.kakehashi.life/

こんな薬歴
  • 課題を共有し意見交換ができる
    交流会を開催

  • 各分野の専門講師
    によるセミナーで
    スキルアップ

公式HPで
詳細を見る

電話で製品について
問い合わせる

Musubiの
コミュニティ
の詳細を見る

※選定条件:Google検索「電子薬歴」でヒットした36製品(2022年2月9日時点)のうち、「指導文作成を効率化する機能」「処方監査機能」「サポート体制完備」「在宅訪問に対応」機能が搭載されている電子薬歴の中から、それぞれ以下の条件で選定。
※機能で選ぶなら:指導文について、定型文ではなく自分で考え、編集できる機能が唯一ある
※費用で選ぶなら:端末が増えても追加費用が掛からない電子薬歴の内、更新費用が無料と公式HPに明記されている製品
※ユーザーコミュニティで選ぶなら:ユーザーが参加できる交流会を唯一開催