電子薬歴導入ガイド » 調剤薬局の経営面から見る電子薬歴にできること » ロボット調剤による調剤薬局の未来

ロボット調剤による調剤薬局の未来

近年ロボット調剤への関心が高まっています。調剤業務をロボットによって自動化する仕組みのことで、調剤薬局の業務を効率化し、薬剤師の負担軽減に寄与すると考えられています。このページでは、ロボット調剤のメリットやデメリットについて解説します。

ロボット調剤とは

ロボット調剤は、文字どおりロボットを使用した調剤業務をいいます。散剤分包機を始め、機械による調剤業務の自動化は古くから行われています。一方、コンピューターが一連の調剤業務を薬剤師に変わって行うのがロボット調剤です。

ロボット調剤では、処方データを入力するだけで薬剤の選定や秤量、分割・分包まで、一連の作業をロボットが行います。これによるヒューマンエラーを予防し、薬剤師の業務負担を軽減できます。

なお、ロボット調剤という言葉が広まり始めたのは近年です。これまでの自動調剤機器がロボットと呼ばれるようになり、現在は技術の発展に伴って一連の調剤業務が自動化可能になっています。

ロボット調剤のメリット・デメリット

ロボット調剤のメリット

ロボット調剤のメリットは以下の4つです。

  1. 薬剤師の負担を減らせる
  2. ヒューマンエラーの予防に繋がる
  3. 調剤業務の効率化
  4. 患者さんや医師とのコミュニケーションを増やせる

薬剤師は、日々の時間の多くを調剤業務に充てています。ロボット調剤の中には、計数調剤を自動化できる機器もあるため、導入することで薬剤師の調剤作業の負担が軽減され、浮いた時間を他の業務に充てられるようになります。患者さん・医師とのコミュニケーション増加にも寄与するでしょう。

また、一連の調剤業務をロボットが自動で行うため、ヒューマンエラーの予防も可能になります。特にミスが起こりやすい薬剤の選定や秤量に関しても、ロボット調剤によって自動化できます。完全に防ぐことは難しいですが、ヒューマンエラーを減らせば信頼性の向上に繋がります。

調剤業務を効率化できる点もメリットです。一連の業務時間を短縮できるのはもちろん、調剤の管理も容易になります。煩雑な調剤業務が問題になっている場合、ロボット調剤で自動化の仕組みを整えてみるとよいでしょう。

ロボット調剤のデメリット

一方、ロボット調剤は下記のデメリットがあります。

  1. 導入コストが高い
  2. 機器のメンテナンスが必要
  3. 薬局・薬剤師の収入減少の可能性

従来の分包機などは数十万円で導入できますが、ロボット調剤用の機器導入には高額な費用がかかります。費用対効果がよいとは限らないため、導入には慎重な見極めが必要です。また、機器の故障を防ぐためには、定期的なメンテナンスが求められます。導入の際は、ランニングコストも意識したほうがよいでしょう。

ロボット調剤が普及すると、薬局・薬剤師の収入減少に繋がる懸念もあります。業務効率化が調剤料が引き下げに繋がる可能性は否定できないため、今後の動向には注意が必要です。

ロボット調剤による薬剤師の業務の変化

ロボット調剤を導入することで、薬剤師は対人業務に集中できる環境が整います。薬剤師の評価は、対人業務に重点が置かれており、対物業務はあまり重視されなくなっています。また、調剤薬局や薬剤師に地域医療への支援が求められており、これまで以上に対人業務の重要性が増しています。

ロボット調剤は、調剤業務を自動化できるなど、薬剤師の業務効率化・省力化に寄与します。薬剤師を対人業務へ移行させるキッカケづくりになるでしょう。

調剤薬局はどうなる

調剤薬局においては、ロボット化することで薬剤業務の評価の低下を招き、収入が減少するとの懸念がありました。しかし、実際はそのような事態は起きておらず、収入減少の心配はなさそうです。

調剤ロボットは、大手の調剤薬局チェーンを中心に導入が進められています。導入した薬局での評価はよく、今後も普及が進んでいくと考えられます。

電子薬歴選びの
3つのポイント

調剤薬局でもIT化はとどまるところを知らず、電子薬歴の普及率は80%を超えています(※)。様々な製品が開発・改良される中で、電子薬歴が業務を効率化できるというのは、もはや当たり前。
他方で、一体型、クラウド型、ハイブリッド型といった製品タイプだけで選ぶべきではありません。
製品選びで重要なのは、その上でさらに何を電子薬歴に求めるかなのです。

ここでは、Google検索「電子薬歴」でヒットした36製品を調査(2022年2月9日時点)。「指導文作成を効率化する機能」「処方監査機能」「サポート体制完備」「在宅訪問に対応」といった、基本的な機能が搭載されている電子薬歴の中で、「機能」「費用」「ユーザーコミュニティ」の3つのポイントに沿っておすすめの製品を紹介します。

※参照元:厚生労働省「かかりつけ薬剤師・薬局に関する調査報告書[PDF](https://www.mhlw.go.jp/content/000509233.pdf)
ハイブリッド型
【機能】で選ぶなら
エリシアS
エリシアS

引用元:シグマソリューション公式HP
https://www.sigma-sol.co.jp/products/elixirs/

こんな薬歴
  • 患者一人一人にあわせた指導文を簡単に作成

  • 経営を強化できる機能を
    多数搭載&経営支援も

公式HPで
詳細を見る

電話で製品について
問い合わせる

エリシアSの
機能性について
詳しく見る

クラウド型
【費用】で選ぶなら
MEDIXS®
メディクス

引用元:アクシス公式HP
https://medixs.jp/

こんな薬歴
  • 端末増設時に追加費用

    かからない定額制

  • 均一な薬歴作成を
    図れる
    シンプルな
    製品

公式HPで
詳細を見る

電話で製品について
問い合わせる

MEDIXS®が
費用を抑えられる
理由を見る

クラウド型
【ユーザーコミュニティ】で選ぶなら
Musubi
Musubi

引用元:カケハシ公式HP
https://musubi.kakehashi.life/

こんな薬歴
  • 課題を共有し意見交換ができる
    交流会を開催

  • 各分野の専門講師
    によるセミナーで
    スキルアップ

公式HPで
詳細を見る

電話で製品について
問い合わせる

Musubiの
コミュニティ
の詳細を見る

※選定条件:Google検索「電子薬歴」でヒットした36製品(2022年2月9日時点)のうち、「指導文作成を効率化する機能」「処方監査機能」「サポート体制完備」「在宅訪問に対応」機能が搭載されている電子薬歴の中から、それぞれ以下の条件で選定。
※機能で選ぶなら:指導文について、定型文ではなく自分で考え、編集できる機能が唯一ある
※費用で選ぶなら:端末が増えても追加費用が掛からない電子薬歴の内、更新費用が無料と公式HPに明記されている製品
※ユーザーコミュニティで選ぶなら:ユーザーが参加できる交流会を唯一開催