電子薬歴導入ガイド » 電子薬歴の基礎知識 » 電子薬歴の購入とリース契約の違い

電子薬歴の購入とリース契約の違い

電子薬歴を導入するにあたり、購入とリースで悩んでいる方もいるのではないでしょうか。それぞれメリットとデメリットの両方があります。ここでは、購入とリース契約はどういった点が違うのか、何に注目して導入する電子薬歴を決めれば良いのかについて解説します。

購入のメリット・デメリット

購入を選択する場合のメリットとして挙げられるのが、リースと比較すると支払い総額が抑えられる可能性が高い点です。高額な商品もありますが、購入のために借り入れをする場合、一般的にはリース料率より低い金利で契約ができます。そのため、月々の支払い金額も抑えられるでしょう。

費用を抑えるために購入ではなくリース契約を検討する方もいますが、購入の方が安く済むケースがあるため、注意が必要です。また、取得価格によっては、税制上の優遇措置も用意されています。

買い取りの形になることから、料金の支払いが終わってからはランニングコストのみで済むのも購入のメリットだといえるでしょう。返却の必要がないため、最終的には所有物になるのもメリットです。

ただ、デメリットとして注意しておかなければならないのが、会計処理が複雑になる点です。減価償却費用や損害保険料といったものについても理解しなければなりません。それから「購入して長く使えば元を取れる」といった考え方もありますが、電子薬歴は次々と新しいものが開発されています。使いやすいように頻繁にアップデートされるものであればそれほど心配はいりませんが、将来的に時代遅れのシステムになってしまう可能性についても考えておきましょう。

リース契約のメリット・デメリット

リース契約するメリットとして挙げられるのが、購入資金が必要ない点です。購入のようにまとまった費用を求められることもないので、電子薬歴を導入したいものの初期費用が用意できないといった場合も検討しやすいでしょう。

また、リースの契約期間が終了した後は、新しい機種の導入が可能です。購入した場合はできるだけ長く使おうとしているうちにシステムが古くなってしまうことがありますが、そういったこともありません。

デメリットとして注意したいのが、契約の仕方によっては、中途解約ができないことが挙げられます。中途解約する場合、未経過リース料の支払いが必要です。

それから、リース会社の利益や設備本体価格、保険料、固定資産税、金利といったものを含めて支払うことになるので、購入と比べて支払い総額が割高になるのもデメリットといえます。

リースと購入はどちらを選ぶべき?

リースには、初期費用を抑えられる、新しい機種を導入できるといったメリットがありますが、対象物の所有権はリース会社となるため、リース契約期間中は、不要になっても自分で処分できません。

購入費を支出できるだけの余裕があり、ある程度使用して不要になったら機材を売却などして処分したいと考えているなら、購入のほうがおすすめです。

初期費用をかけたくない、導入したいシステムや機材が高額で「購入するにはハードルが高い…」と感じる方は、リースの方が向いているでしょう。リースでは支払い総額は高くなりますが、毎月の経費として計上できるメリットもあります。事業所としてランニングコストの安定性を重視するのであれば、リース契約を検討すると良いでしょう。

状況に合わせて電子薬歴を導入しよう

電子薬歴を導入する際に悩む方が多い購入とリースのメリット・デメリットについて紹介しましたが、どちらかが優れているとはいえません。購入の場合は支払い総額を抑えられますが、長く所有していると設備が古くなってしまう恐れがあります。一方、リースも購入に比べて導入は手軽になるものの、支払い総額は大きくなります。

こういったメリットとデメリット踏まえ、状況に応じて判断することが重要です。

各メーカーが提供する
電子薬歴一覧を見てみる

電子薬歴選びの
3つのポイント

調剤薬局でもIT化はとどまるところを知らず、電子薬歴の普及率は80%を超えています(※)。様々な製品が開発・改良される中で、電子薬歴が業務を効率化できるというのは、もはや当たり前。
他方で、一体型、クラウド型、ハイブリッド型といった製品タイプだけで選ぶべきではありません。
製品選びで重要なのは、その上でさらに何を電子薬歴に求めるかなのです。

ここでは、Google検索「電子薬歴」でヒットした36製品を調査(2022年2月9日時点)。「指導文作成を効率化する機能」「処方監査機能」「サポート体制完備」「在宅訪問に対応」といった、基本的な機能が搭載されている電子薬歴の中で、「機能」「費用」「ユーザーコミュニティ」の3つのポイントに沿っておすすめの製品を紹介します。

※参照元:厚生労働省「かかりつけ薬剤師・薬局に関する調査報告書[PDF](https://www.mhlw.go.jp/content/000509233.pdf)
ハイブリッド型
【機能】で選ぶなら
エリシアS
エリシアS

引用元:シグマソリューション公式HP
https://www.sigma-sol.co.jp/products/elixirs/

こんな薬歴
  • 患者一人一人にあわせた指導文を簡単に作成

  • 経営を強化できる機能を
    多数搭載&経営支援も

公式HPで
詳細を見る

電話で製品について
問い合わせる

エリシアSの
機能性について
詳しく見る

クラウド型
【費用】で選ぶなら
MEDIXS®
メディクス

引用元:アクシス公式HP
https://medixs.jp/

こんな薬歴
  • 端末増設時に追加費用

    かからない定額制

  • 均一な薬歴作成を
    図れる
    シンプルな
    製品

公式HPで
詳細を見る

電話で製品について
問い合わせる

MEDIXS®が
費用を抑えられる
理由を見る

クラウド型
【ユーザーコミュニティ】で選ぶなら
Musubi
Musubi

引用元:カケハシ公式HP
https://musubi.kakehashi.life/

こんな薬歴
  • 課題を共有し意見交換ができる
    交流会を開催

  • 各分野の専門講師
    によるセミナーで
    スキルアップ

公式HPで
詳細を見る

電話で製品について
問い合わせる

Musubiの
コミュニティ
の詳細を見る

※選定条件:Google検索「電子薬歴」でヒットした36製品(2022年2月9日時点)のうち、「指導文作成を効率化する機能」「処方監査機能」「サポート体制完備」「在宅訪問に対応」機能が搭載されている電子薬歴の中から、それぞれ以下の条件で選定。
※機能で選ぶなら:指導文について、定型文ではなく自分で考え、編集できる機能が唯一ある
※費用で選ぶなら:端末が増えても追加費用が掛からない電子薬歴の内、更新費用が無料と公式HPに明記されている製品
※ユーザーコミュニティで選ぶなら:ユーザーが参加できる交流会を唯一開催