電子薬歴導入ガイド » 電子薬歴一覧 » iMelhis

iMelhis

iMelhis
引用元HP:iMelhis公式HP
https://www.mdsol.co.jp/melphin/products/imelhis.html

ここでは、三菱電機ITソリューションズ株式会社が提供している電子薬歴「iMelhis」について紹介します。

どのような特徴があるのか、サポート体制は整っているのかなどについて参考にしてみてください。

iMelhisのおすすめ機能

手軽にできる病歴確認

iMelhisは、インターネットが繋がっていればどこでも利用できるので、患者さんの自宅から手軽に薬歴確認が可能 です。地方されている医薬品の添付文書を確認することもできますし、疑義照会の入力にも対応しているシステムです。

計画書の作成も可能

訪問薬剤管理指導業務で必要になる計画書の策定と結果の記録に対応しています。目で見てわかりやすいシステム なので、デジタルにあまり詳しくない方でも利用しやすいでしょう。

端末にデータを持たせない機能

iMelhisは、端末に直接データを記憶するようなシステムではありません。そのため、万が一、タブレットを紛失してしまったような場合でも患者さんの情報が外に漏れてしまうようなことがない のも特徴です。

個人情報が詰まった端末を落としてしまうと患者さんに迷惑をかけてしまう可能性もありますが、
そういったリスクをなくしたいと考えた場合にも向いているシステムです。

iMelhisの使いやすさ

iMelhisは、とても使いやすいシステムです。モバイルルーターか携帯会社と契約していれば外に持ち出して使用 もできます。 患者さんの特記事項や基本情報、併用薬、細かいコメントなどについては端末から確認ができるだけではなく、記録、変更、削除などもできます。

リアルタイムに連動可能なので、複数人で情報を共有するのにも適したシステム です。

3つの観点から選ぶ
自社に合った電子薬歴とは

iMelhisの利用者の声

口コミは見つかりませんでした。

iMelhisのアフターサポート

iMelhisの導入について検討しているけれど、使いこなせなかったらどうしようと不安に感じている方のため、運用サポートが用意されています。 導入前の段階から導入後のアフターフォローまで、きめ細やかなサポートサービスが用意されている のが特徴です。

サポートを担当してくれるのは調剤薬局などに関する専門知識に精通したスタッフです。本稼働してからの対応については費用がかかることになってしまいますが、困ったことがあった際に相談できる環境を整えておきたいと考えている方も運用サポートについて相談してみると良いでしょう。

iMelhisはこんな電子薬歴

iMelhisは、変更した内容などがリアルタイムで連動するシステム です。複数人で状態を確認する際にも、変更したタイミングでそれが確認できるようになるので、古い情報を参照してしまい、誤った判断などをするリスクを避けられます。 SOAPや薬歴確認、計画書・報告書といった機能も搭載されているため、便利な機能が詰まった電子薬歴も導入したいと考えている方にぴったりです。

本サイトでは「クラウド型」「レセコン一体型」「ハイブリッド型」という種類だけではなく、それぞれの薬局が何をもって電子薬歴を選ぶべきか、導き出した3つの観点からそれぞれおすすめの電子薬歴を紹介しています。ぜひ自局に合った電子薬歴をお探しの方は、ぜひ参考になさってください。

3つの観点から選ぶ
自局に合った電子薬歴とは

iMelhisの在宅診療への対応

iMelhisは、タブレット端末で利用できるため、どこでも薬歴の確認や服薬指導を行えるのが特徴です。在宅診療でも活躍してくれます。薬歴などについては、患者の自宅からでも確認ができるようになるのが魅力 です。 また、現場で最新情報を入力できるので、できる限り業務効率を改善したいと考えているような場合でも役立ってくれます。

iMelhisの企業情報

会社名 三菱電機ITソリューションズ株式会社
所在地 (本社)東京都中野区本町1-32-2 (ハーモニータワー 16階・25階・26階)
電話番号 03-5309-0600(総務部直通)
URL https://www.mdsol.co.jp/

電子薬歴一覧もチェックする>>

電子薬歴選びの
3つのポイント

調剤薬局でもIT化はとどまるところを知らず、電子薬歴の普及率は80%を超えています(※)。様々な製品が開発・改良される中で、電子薬歴が業務を効率化できるというのは、もはや当たり前。
他方で、一体型、クラウド型、ハイブリッド型といった製品タイプだけで選ぶべきではありません。
製品選びで重要なのは、その上でさらに何を電子薬歴に求めるかなのです。

ここでは、Google検索「電子薬歴」でヒットした36製品を調査(2022年2月9日時点)。「指導文作成を効率化する機能」「処方監査機能」「サポート体制完備」「在宅訪問に対応」といった、基本的な機能が搭載されている電子薬歴の中で、「機能」「費用」「ユーザーコミュニティ」の3つのポイントに沿っておすすめの製品を紹介します。

※参照元:厚生労働省「かかりつけ薬剤師・薬局に関する調査報告書[PDF](https://www.mhlw.go.jp/content/000509233.pdf)
ハイブリッド型
【機能】で選ぶなら
エリシアS
エリシアS

引用元:シグマソリューション公式HP
https://www.sigma-sol.co.jp/products/elixirs/

こんな薬歴
  • 患者一人一人にあわせた指導文を簡単に作成

  • 経営を強化できる機能を
    多数搭載&経営支援も

公式HPで
詳細を見る

電話で製品について
問い合わせる

エリシアSの
機能性について
詳しく見る

クラウド型
【費用】で選ぶなら
MEDIXS®
メディクス

引用元:アクシス公式HP
https://medixs.jp/

こんな薬歴
  • 端末増設時に追加費用

    かからない定額制

  • 均一な薬歴作成を
    図れる
    シンプルな
    製品

公式HPで
詳細を見る

電話で製品について
問い合わせる

MEDIXS®が
費用を抑えられる
理由を見る

クラウド型
【ユーザーコミュニティ】で選ぶなら
Musubi
Musubi

引用元:カケハシ公式HP
https://musubi.kakehashi.life/

こんな薬歴
  • 課題を共有し意見交換ができる
    交流会を開催

  • 各分野の専門講師
    によるセミナーで
    スキルアップ

公式HPで
詳細を見る

電話で製品について
問い合わせる

Musubiの
コミュニティ
の詳細を見る

※選定条件:Google検索「電子薬歴」でヒットした36製品(2022年2月9日時点)のうち、「指導文作成を効率化する機能」「処方監査機能」「サポート体制完備」「在宅訪問に対応」機能が搭載されている電子薬歴の中から、それぞれ以下の条件で選定。
※機能で選ぶなら:指導文について、定型文ではなく自分で考え、編集できる機能が唯一ある
※費用で選ぶなら:端末が増えても追加費用が掛からない電子薬歴の内、更新費用が無料と公式HPに明記されている製品
※ユーザーコミュニティで選ぶなら:ユーザーが参加できる交流会を唯一開催