電子薬歴導入ガイド » 電子薬歴の基礎知識 » 電子薬歴の普及率

電子薬歴の普及率

電子薬歴の普及率は83.6%

薬局ICTシステムのトップは電子薬歴

厚生労働省から発表されている「かかりつけ薬剤師・薬局に関する調査報告書」(平成31年3月発表)によると、薬局業務の生産性の向上を目的として導入しているICTシステムは電子薬歴が83.6%とトップでした。

多くの薬局で導入されていると思われていた自動分包機の62.0%を大きく上回っており、この結果は多くの薬局が電子薬歴の重要性を認識していることを表しているといえるでしょう。

参照元:厚生労働省「かかりつけ薬剤師・薬局に関する調査報告書」[PDF](平成31年3月発表)(https://www.mhlw.go.jp/content/000509233.pdf)

今後の電子薬歴普及率予測

ほぼすべての調剤薬局に普及する見込み

シード・プランニングの推計によると、電子薬歴の普及率は2025年には90.8%、2030年には93.1%とほぼすべての調剤薬局に普及していくと考えられています。そして市場規模も330億円にまで成長していくと見込まれます。

その理由としては、2015年頃までは約5年という期間で契約して導入費用が発生し、電子薬歴のシステムを入れ替える薬局が多かったことがあるでしょう。

現在の電子薬歴システムはクラウド型が増えてきたことで導入費用が安価に抑えられ、月額利用料を支払って運用するシステムが多くみられます。
今後は月額利用料の規模が拡大する一方、一定数の薬局はシステム入れ替えに伴う導入費用を負担していくでしょう。

電子薬歴は単に薬歴を記録・保管するためのシステムから、薬剤師の本来業務である服薬指導や重複投与防止を支援するシステムに進化しているのも普及率アップの理由です。

従来の電子薬歴のようにキーボード入力だけではなく、マウスのクリックやタブレットのタップだけで操作できる薬歴作成支援機能や、画像や動画で服薬指導を支援する機能にも注目が集まっています。

一般用医薬品も含めた重複投与や相互作用をチェックするために、医薬品データベースと連動した電子薬歴もあります。
次世代型の電子薬歴では従来のシステムの枠を超え、薬局の対物業務やシステムで解決できる業務を包括で支援できるものが求められ、そうなるとより一層の普及が予想されます。

参照元:2020年版薬局ICT化の現状と今後の展望(http://store.seedplanning.co.jp/item/10812.html)

電子薬歴に関する
その他のニュースを見る

調剤薬局・薬剤師求められることと
電子薬歴の役割

厚生労働省の指導に合った電子薬歴を

厚生労働省の指導によって、2025年までに調剤薬局は「かかりつけ薬局」になることが推進されています(※)。

そのためにはICTを活用し、医療機関と連携して対患者業務の強化を図らなければなりません。今後は在宅医療やオンライン服薬指導など推進されることが予想されるので、それに対応できる電子薬歴を選ぶべきだと考えられます。

※参照元:厚生労働省「かかりつけ薬剤師・薬局」[PDF](https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-11121000-Iyakushokuhinkyoku-Soumuka/0000153586.pdf)

かかりつけ薬局になるには?
普及が進む電子薬歴を見る

電子薬歴選びの
3つのポイント

調剤薬局でもIT化はとどまるところを知らず、電子薬歴の普及率は80%を超えています(※)。様々な製品が開発・改良される中で、電子薬歴が業務を効率化できるというのは、もはや当たり前。
他方で、一体型、クラウド型、ハイブリッド型といった製品タイプだけで選ぶべきではありません。
製品選びで重要なのは、その上でさらに何を電子薬歴に求めるかなのです。

ここでは、Google検索「電子薬歴」でヒットした36製品を調査(2022年2月9日時点)。「指導文作成を効率化する機能」「処方監査機能」「サポート体制完備」「在宅訪問に対応」といった、基本的な機能が搭載されている電子薬歴の中で、「機能」「費用」「ユーザーコミュニティ」の3つのポイントに沿っておすすめの製品を紹介します。

※参照元:厚生労働省「かかりつけ薬剤師・薬局に関する調査報告書[PDF](https://www.mhlw.go.jp/content/000509233.pdf)
ハイブリッド型
【機能】で選ぶなら
エリシアS
エリシアS

引用元:シグマソリューション公式HP
https://www.sigma-sol.co.jp/products/elixirs/

こんな薬歴
  • 患者一人一人にあわせた指導文を簡単に作成

  • 経営を強化できる機能を
    多数搭載&経営支援も

公式HPで
詳細を見る

電話で製品について
問い合わせる

エリシアSの
機能性について
詳しく見る

クラウド型
【費用】で選ぶなら
MEDIXS®
メディクス

引用元:アクシス公式HP
https://medixs.jp/

こんな薬歴
  • 端末増設時に追加費用

    かからない定額制

  • 均一な薬歴作成を
    図れる
    シンプルな
    製品

公式HPで
詳細を見る

電話で製品について
問い合わせる

MEDIXS®が
費用を抑えられる
理由を見る

クラウド型
【ユーザーコミュニティ】で選ぶなら
Musubi
Musubi

引用元:カケハシ公式HP
https://musubi.kakehashi.life/

こんな薬歴
  • 課題を共有し意見交換ができる
    交流会を開催

  • 各分野の専門講師
    によるセミナーで
    スキルアップ

公式HPで
詳細を見る

電話で製品について
問い合わせる

Musubiの
コミュニティ
の詳細を見る

※選定条件:Google検索「電子薬歴」でヒットした36製品(2022年2月9日時点)のうち、「指導文作成を効率化する機能」「処方監査機能」「サポート体制完備」「在宅訪問に対応」機能が搭載されている電子薬歴の中から、それぞれ以下の条件で選定。
※機能で選ぶなら:指導文について、定型文ではなく自分で考え、編集できる機能が唯一ある
※費用で選ぶなら:端末が増えても追加費用が掛からない電子薬歴の内、更新費用が無料と公式HPに明記されている製品
※ユーザーコミュニティで選ぶなら:ユーザーが参加できる交流会を唯一開催