電子薬歴導入ガイド » 電子薬歴一覧 » P-CUBE n

P-CUBE n

ユニケソフトウェアリサーチ
引用元HP:ユニケソフトウェアリサーチ公式HP
https://www.unike.co.jp/

ここでは、株式会社ユニケソフトウェアリサーチが展開している電子薬歴「P-CUBE n」について調べています。

主な特徴や、おすすめしたい機能、使いやすさなどをまとめたので、電子薬歴選びの参考になさってください。

P-CUBE nのおすすめ機能

頭書き情報から薬歴入力への
連携機能を搭載

患者の頭書き情報から新規登録や更新を行うと自動的に薬歴入力に転送されます。

また、前回と今回の比較から処方変更の内容がテキスト形式で反映。薬剤別服薬指導ガイダンスから薬歴入力へ転送することで、患者に適切な情報提供ができます。

見やすく使いやすい画面レイアウト

使用頻度の高いページを見ながら入力できるように、薬歴メインの1画面構成にして入力作業の負担を軽減しています。
やり取り履歴(過去薬歴)や前今回比較、服薬カレンダーも表示可能です。

服薬をフォローする
「フォロナビ」を標準搭載

「フォロナビ」は調剤後の服薬期間の継続的なフォローアップをサポートするサービスです。
「LINE」を活用して患者とのやり取りができ、そのやり取りが電子薬歴と連携。コメントを薬歴に残すこともできます。

処方薬や疾患に応じた指導コンテンツが搭載され、効果的な服薬フォローと薬歴記載の負担軽減を実現します。

P-CUBE nの使いやすさ

電子薬歴とレセコンを一体化することで、薬局全体のICTの効率化を実現
薬歴入力はSOAP形式のスタンダードの入力だけでなくフルSOAPモードがあり、薬剤師の使いやすさで選択が可能です。

薬剤別服薬指導ガイダンスの操作性を向上し、処方内容や運転・喫煙・妊婦など生活習慣や属性に合わせて指導分を優先的に表示し、適切な服薬指導ができるようになっています。

また、多くの指導文の中から処方変更の薬品、副作用や注意点など指導したい項目を絞り込める機能を追加したことで使いやすさがアップしました。

オプションではチェーン・グループ店舗間の薬歴情報をクラウドデータセンターで一元管理する薬歴共有も利用できます。

3つの観点から選ぶ
自社に合った電子薬歴とは

P-CUBE nの利用者の声

公式HPに記載がありませんでした。

P-CUBE nのアフターサポート

導入前には半月~1ヶ月かけて実際のシステムを操作できます。また、インストラクターによる操作講習も実施され、講習会数や人数については相談可能です。

システム本稼働時にはインストラクターが立ち会い、実践的な操作演習を行うことでシステムの運用をサポートします。

P-CUBE nはこんな電子薬歴

P-CUBE nは、「使いやすさ」に着目されて開発されたレセコン一体型の電子薬歴です。

頭書き情報から薬歴入力への連携機能を搭載していることで入力の生産性を向上させたり、LINEを活用した患者とのコミュニケーションによって効果的な服薬指導をフォローしたりします。

本サイトでは「クラウド型」「レセコン一体型」「ハイブリッド型」という種類だけではなく、それぞれの薬局が何をもって電子薬歴を選ぶべきか、導き出した3つの観点からそれぞれおすすめの電子薬歴を紹介しています。ぜひ自局に合った電子薬歴をお探しの方は、ぜひ参考になさってください。

3つの観点から選ぶ
自局に合った電子薬歴とは

P-CUBE nの在宅診療への対応

在宅専用のメニューを設定し、在宅患者情報と薬歴を一元管理します。

在宅業務の情報と薬歴を1台のタブレットに集約したタブレット型電子薬歴では、電子薬歴や医薬品データベース、カメラ機能により在宅業務をサポートし、訪問報告書や計画書とも連携・作成できます。

P-CUBE nの企業情報

会社名 株式会社ユニケソフトウェアリサーチ
所在地 東京都港区芝大門2–5–5 住友芝大門ビル7階
電話番号 03-6747-0033
URL https://www.unike.co.jp/

各メーカーが提供する
電子薬歴一覧を見てみる

電子薬歴選びの
3つのポイント

調剤薬局でもIT化はとどまるところを知らず、電子薬歴の普及率は80%を超えています(※)。様々な製品が開発・改良される中で、電子薬歴が業務を効率化できるというのは、もはや当たり前。
他方で、一体型、クラウド型、ハイブリッド型といった製品タイプだけで選ぶべきではありません。
製品選びで重要なのは、その上でさらに何を電子薬歴に求めるかなのです。

ここでは、Google検索「電子薬歴」でヒットした36製品を調査(2022年2月9日時点)。「指導文作成を効率化する機能」「処方監査機能」「サポート体制完備」「在宅訪問に対応」といった、基本的な機能が搭載されている電子薬歴の中で、「機能」「費用」「ユーザーコミュニティ」の3つのポイントに沿っておすすめの製品を紹介します。

※参照元:厚生労働省「かかりつけ薬剤師・薬局に関する調査報告書[PDF](https://www.mhlw.go.jp/content/000509233.pdf)
ハイブリッド型
【機能】で選ぶなら
エリシアS
エリシアS

引用元:シグマソリューション公式HP
https://www.sigma-sol.co.jp/products/elixirs/

こんな薬歴
  • 患者一人一人にあわせた指導文を簡単に作成

  • 経営を強化できる機能を
    多数搭載&経営支援も

公式HPで
詳細を見る

電話で製品について
問い合わせる

エリシアSの
機能性について
詳しく見る

クラウド型
【費用】で選ぶなら
MEDIXS®
メディクス

引用元:アクシス公式HP
https://medixs.jp/

こんな薬歴
  • 端末増設時に追加費用

    かからない定額制

  • 均一な薬歴作成を
    図れる
    シンプルな
    製品

公式HPで
詳細を見る

電話で製品について
問い合わせる

MEDIXS®が
費用を抑えられる
理由を見る

クラウド型
【ユーザーコミュニティ】で選ぶなら
Musubi
Musubi

引用元:カケハシ公式HP
https://musubi.kakehashi.life/

こんな薬歴
  • 課題を共有し意見交換ができる
    交流会を開催

  • 各分野の専門講師
    によるセミナーで
    スキルアップ

公式HPで
詳細を見る

電話で製品について
問い合わせる

Musubiの
コミュニティ
の詳細を見る

※選定条件:Google検索「電子薬歴」でヒットした36製品(2022年2月9日時点)のうち、「指導文作成を効率化する機能」「処方監査機能」「サポート体制完備」「在宅訪問に対応」機能が搭載されている電子薬歴の中から、それぞれ以下の条件で選定。
※機能で選ぶなら:指導文について、定型文ではなく自分で考え、編集できる機能が唯一ある
※費用で選ぶなら:端末が増えても追加費用が掛からない電子薬歴の内、更新費用が無料と公式HPに明記されている製品
※ユーザーコミュニティで選ぶなら:ユーザーが参加できる交流会を唯一開催