電子薬歴導入ガイド » 電子薬歴業界の新着ニュース » アクシス社とGSX社がサイバーセキュリティ対策強化を推進

アクシス社とGSX社がサイバーセキュリティ対策強化を推進

このページでは、薬局におけるサイバーセキュリティ対策に向けた動きについて紹介。サイバーセキュリティ対策のための措置が盛り込まれた医療法施行規則の改正についても取り上げています。

サイバーセキュリティ対策強化に関する2社の協業について

クラウド型電子薬歴「Medixs(メディクス)」を運営しているアクシス社は、親会社であるアクシスルートHDとサイバーセキュリティ事業を営むGSX社が医療業界のサイバーセキュリティ対策強化に向けた協業を進めていることを2023年3月30日に発表しました。

2社の協業による主な取り組みは以下の通りです。

それぞれの取り組みについて詳しく解説します。

サイバーセキュリティサービスの提供機会の拡大

アクシスルートHDの事業基盤を介し、GSX社が提供するサイバーセキュリティサービスを医療業界に拡大。サービスの提供機会の拡大を通してセキュリティに関する課題解決をサポートすることで、医療業界全体のセキュリティ対策レベルの向上を目指しています。

ITエンジニアに対するセキュリティ教育の実施

アクシス社ではITに関わる人材を対象としたセキュリティ教育に力を入れており、医療分野ITのシステム開発・運用サービスを担当するエンジニアに対して新たに5日間の研修合宿を実施。セキュリティ教育の実施により、より安全なシステムを医療業界に提供できる人材の育成を目指しています。

サイバーセキュリティ対策に関する啓もう活動の実施

医療機関だけでなく薬局もサイバー攻撃の対象となっており、令和5年4月1日から薬局におけるサイバーセキュリティ対策が義務化されています。薬局にもサイバーセキュリティ対策が求められていることを受け、アクシス社では薬局向けのサイバーセキュリティ対策に関する啓もう活動を推進していくとのこと。啓もう活動の取り組みとしては、自社セミナーの定期的な開催やサイバーセキュリティ対策に関する包括的な情報発信が行なわれる見込みです。

参照元:株式会社アクシス|クラウド型電子薬歴『メディクス』 医療業界のサイバーセキュリティ対策強化を推進
(https://mediaxis.jp/news/78l8ifg-cgg/)

サイバーセキュリティ対策義務化について

医療機関に対するサイバー攻撃が近年増加していることを受け、厚生労働省はサイバーセキュリティ対策の措置を盛り込んだ医療法施行規則の改正省令を令和5年3月10日に公布。令和5年4月1日から施行され、薬局を含んだ医療分野におけるサイバーセキュリティ対策が義務付けられました。

サイバーセキュリティ対策を取り巻く状況

サイバーセキュリティ確保のために必要な措置として、厚生労働省は「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」を参照したうえで、セキュリティ対策全般に関する適切な対応を行うこととしています。ガイドラインは現在大幅な見直しが行われており、5月中旬頃に最新版(第6.0版)が公表される予定です。

また、医療機関が優先して取り組むべき事項をまとめた「サイバーセキュリティの確認のためのチェックリスト」が提供される予定。チェックリストをもとに組織の対策状況を確認することで、対応が必要な点を明らかにすることを目的としています。

そのほかにも、今回の法改正では立入検査の項目にサイバーセキュリティ確保のための取組状況が追加される予定。これにより、サイバーセキュリティ対策の対応状況によっては、行政による立ち入り検査が可能となっています。

医療分野のデジタル化とサイバー攻撃被害の深刻化から、政府のサイバーセキュリティ確保に向けた動きは今後も進んでいくと考えられるため、注視が必要となるでしょう。

参照元:厚生労働省|医療法施行規則の一部を改正する省令について※PDF
(https://www.mhlw.go.jp/content/10808000/001075881.pdf)

電子薬歴選びの
3つのポイント

調剤薬局でもIT化はとどまるところを知らず、電子薬歴の普及率は80%を超えています(※)。様々な製品が開発・改良される中で、電子薬歴が業務を効率化できるというのは、もはや当たり前。
他方で、一体型、クラウド型、ハイブリッド型といった製品タイプだけで選ぶべきではありません。
製品選びで重要なのは、その上でさらに何を電子薬歴に求めるかなのです。

ここでは、Google検索「電子薬歴」でヒットした36製品を調査(2022年2月9日時点)。「指導文作成を効率化する機能」「処方監査機能」「サポート体制完備」「在宅訪問に対応」といった、基本的な機能が搭載されている電子薬歴の中で、「機能」「費用」「ユーザーコミュニティ」の3つのポイントに沿っておすすめの製品を紹介します。

※参照元:厚生労働省「かかりつけ薬剤師・薬局に関する調査報告書[PDF](https://www.mhlw.go.jp/content/000509233.pdf)
ハイブリッド型
【機能】で選ぶなら
エリシアS
エリシアS

引用元:シグマソリューション公式HP
https://www.sigma-sol.co.jp/products/elixirs/

こんな薬歴
  • 患者一人一人にあわせた指導文を簡単に作成

  • 経営を強化できる機能を
    多数搭載&経営支援も

公式HPで
詳細を見る

電話で製品について
問い合わせる

エリシアSの
機能性について
詳しく見る

クラウド型
【費用】で選ぶなら
MEDIXS®
メディクス

引用元:アクシス公式HP
https://medixs.jp/

こんな薬歴
  • 端末増設時に追加費用

    かからない定額制

  • 均一な薬歴作成を
    図れる
    シンプルな
    製品

公式HPで
詳細を見る

電話で製品について
問い合わせる

MEDIXS®が
費用を抑えられる
理由を見る

クラウド型
【ユーザーコミュニティ】で選ぶなら
Musubi
Musubi

引用元:カケハシ公式HP
https://musubi.kakehashi.life/

こんな薬歴
  • 課題を共有し意見交換ができる
    交流会を開催

  • 各分野の専門講師
    によるセミナーで
    スキルアップ

公式HPで
詳細を見る

電話で製品について
問い合わせる

Musubiの
コミュニティ
の詳細を見る

※選定条件:Google検索「電子薬歴」でヒットした36製品(2022年2月9日時点)のうち、「指導文作成を効率化する機能」「処方監査機能」「サポート体制完備」「在宅訪問に対応」機能が搭載されている電子薬歴の中から、それぞれ以下の条件で選定。
※機能で選ぶなら:指導文について、定型文ではなく自分で考え、編集できる機能が唯一ある
※費用で選ぶなら:端末が増えても追加費用が掛からない電子薬歴の内、更新費用が無料と公式HPに明記されている製品
※ユーザーコミュニティで選ぶなら:ユーザーが参加できる交流会を唯一開催