電子薬歴導入ガイド » 電子薬歴一覧 » Hi-story

Hi-story

ハイブリッジ
引用元HP:ハイブリッジ公式HP
https://www.hi-bridge.co.jp/

ここでは、ハイブリッジ株式会社が展開している電子薬歴「Hi-story」について調べています。

主な特徴や、おすすめしたい機能、使いやすさなどをまとめたので、電子薬歴選びの参考になさってください。
利用者から寄せられている声も調査しています。

Hi-storyのおすすめ機能

慢性疾患の指導に役立つ
服薬指導ナビの搭載

指導例文として服薬指導ナビが搭載され、慢性疾患の指導や副作用の予兆確認などに活用できます
指導内容を指導欄に簡単に登録できるので薬歴作成の時間も短縮でき、医薬品の解説や漢方、サプリメントなど患者さんに渡せるコンテンツも充実しています。

相互作用の重篤度をカスタマイズ可能

医薬品の相互作用のチェックは、薬局ごとにチェックする重篤度をカスタマイズすることができます。

また、医薬品以外にもOTC薬や食品なども相互作用のチェックが可能で、医薬品と同じように重篤度を自由に設定できます。

重要項目の監査を自動で実施

レセプトの突合点検や縦覧点検、指導などにおいて重要とされる用法・用量チェックや重複投与チェック、禁忌病名チェックなどを自動的に実施してくれます。
該当する場合はトップ画面にマーク表示され、引き続き詳細画面で確認できます。

Hi-storyの使いやすさ

過去の処方の明細と登録指導内容をセットで時系列に表示できます。
処方箋画像も表裏が同時に表示され、処方明細や指導内容と並べて閲覧できるので便利。
患者さんが現在服用している薬を一括で参照することもできます

3つの観点から選ぶ
自社に合った電子薬歴とは

Hi-storyの利用者の声

患者さんの満足につながった

併用薬などの監査情報が見やすく、添付文書の閲覧が可能となったため、すぐに調べることができ患者さんの満足につながった。

LiveDBと比べると画面の切り替えが速くなったので、見やすくなった。不明な点があった際、迅速に対応してくれたので助かった。

引用元:Hi-story公式HP(https://www.hi-bridge.co.jp/products/products_history/)

薬歴作業にかかる時間を短縮

ペーパーレスと薬歴の完成度を高めるため導入。使用勝手がとにかく楽。
ウインドウが開きやすく報告もとりやすく、オーダーメイドもよい。

薬歴作業にかかる時間を大幅に短縮できたことがとても助かった。
薬調師間の中送りがきちんとできて、情報構築がスムーズになった。

また、電話において理解できないところを即答及び対処してくれたのが助かった。

引用元:Hi-story公式HP(https://www.hi-bridge.co.jp/products/products_history/)

過去の記録をまとめられる

ペーパーレスとなり、過去の記録をきれいにまとめられる点が便利になった。
LiveDBより、画面が見やすくなり、操作も簡単になった。

データベースが充実していることで、調べ物が楽になったことと、1-10まで全て自分で考えなくてよいところが便利になった。
リモート対応してもらうと、分からないところは全て解決してくれる。

引用元:Hi-story公式HP(https://www.hi-bridge.co.jp/products/products_history/)

Hi-storyのアフターサポート

Hi-storyは購入と同時に会員サービスが受けられます。
年間300以上のシステムアップのほか(2022年4月調査時点)、サービスの例として情報機関紙「薬歴通信」の提供やハイブリッジユーザー会への参加、無料の薬歴セミナーへの参加などがあります。

Hi-storyはこんな電子薬歴

紙と違って電子薬歴は並べてみることができないから不便という声もありますが、Hi-storyは処方箋画像や服薬指導の内容などを一度に並べて表示、閲覧することができます

また、基本的な薬のほか漢方やサプリメントなど付加的な情報も揃っているのも便利です。

本サイトでは「クラウド型」「レセコン一体型」「ハイブリッド型」という種類だけではなく、それぞれの薬局が何をもって電子薬歴を選ぶべきか、導き出した3つの観点からそれぞれおすすめの電子薬歴を紹介しています。ぜひ自局に合った電子薬歴をお探しの方は、ぜひ参考になさってください。

3つの観点から選ぶ
自局に合った電子薬歴とは

Hi-storyの在宅診療への対応

在宅診療計画書や報告書など、薬局ごとに合わせた管理項目の設定が可能で、ケアマネへの提出書類にも対応
訪問時の携帯端末としてノートPCタイプとiPadタイプが用意され、もちろん電子薬歴本体とのデータ交換も可能です。

Hi-storyの企業情報

会社名 ハイブリッジ株式会社
所在地 東京都世田谷区用賀4-10-1 
世田谷ビジネススクエアタワー3階
電話番号 03-6411-7360
URL https://www.hi-bridge.co.jp/

各メーカーが提供する
電子薬歴一覧を見てみる

電子薬歴選びの
3つのポイント

調剤薬局でもIT化はとどまるところを知らず、電子薬歴の普及率は80%を超えています(※)。様々な製品が開発・改良される中で、電子薬歴が業務を効率化できるというのは、もはや当たり前。
他方で、一体型、クラウド型、ハイブリッド型といった製品タイプだけで選ぶべきではありません。
製品選びで重要なのは、その上でさらに何を電子薬歴に求めるかなのです。

ここでは、Google検索「電子薬歴」でヒットした36製品を調査(2022年2月9日時点)。「指導文作成を効率化する機能」「処方監査機能」「サポート体制完備」「在宅訪問に対応」といった、基本的な機能が搭載されている電子薬歴の中で、「機能」「費用」「ユーザーコミュニティ」の3つのポイントに沿っておすすめの製品を紹介します。

※参照元:厚生労働省「かかりつけ薬剤師・薬局に関する調査報告書[PDF](https://www.mhlw.go.jp/content/000509233.pdf)
ハイブリッド型
【機能】で選ぶなら
エリシアS
エリシアS

引用元:シグマソリューション公式HP
https://www.sigma-sol.co.jp/products/elixirs/

こんな薬歴
  • 患者一人一人にあわせた指導文を簡単に作成

  • 経営を強化できる機能を
    多数搭載&経営支援も

公式HPで
詳細を見る

電話で製品について
問い合わせる

エリシアSの
機能性について
詳しく見る

クラウド型
【費用】で選ぶなら
MEDIXS®
メディクス

引用元:アクシス公式HP
https://medixs.jp/

こんな薬歴
  • 端末増設時に追加費用

    かからない定額制

  • 均一な薬歴作成を
    図れる
    シンプルな
    製品

公式HPで
詳細を見る

電話で製品について
問い合わせる

MEDIXS®が
費用を抑えられる
理由を見る

クラウド型
【ユーザーコミュニティ】で選ぶなら
Musubi
Musubi

引用元:カケハシ公式HP
https://musubi.kakehashi.life/

こんな薬歴
  • 課題を共有し意見交換ができる
    交流会を開催

  • 各分野の専門講師
    によるセミナーで
    スキルアップ

公式HPで
詳細を見る

電話で製品について
問い合わせる

Musubiの
コミュニティ
の詳細を見る

※選定条件:Google検索「電子薬歴」でヒットした36製品(2022年2月9日時点)のうち、「指導文作成を効率化する機能」「処方監査機能」「サポート体制完備」「在宅訪問に対応」機能が搭載されている電子薬歴の中から、それぞれ以下の条件で選定。
※機能で選ぶなら:指導文について、定型文ではなく自分で考え、編集できる機能が唯一ある
※費用で選ぶなら:端末が増えても追加費用が掛からない電子薬歴の内、更新費用が無料と公式HPに明記されている製品
※ユーザーコミュニティで選ぶなら:ユーザーが参加できる交流会を唯一開催