電子薬歴導入ガイド » 電子薬歴の基礎知識 » 電子薬歴を導入するメリットとデメリット

電子薬歴を導入するメリットとデメリット

電子薬歴の新規導入を検討している薬局様、および既存の電子薬歴システムの入れ替えを検討している薬局様に向け、ここでは、電子薬歴のメリットとデメリットを中心に解説しています。

電子薬歴はどの程度普及しているのか?

厚生労働省が公表している「かかりつけ薬剤師・薬局に関する調査報告書」(平成31年3月)によると、薬局が導入しているICT(ネットを活用した各種ツール)の中でトップとなったシステムが電子薬歴でした。

同報告書によると、実に全体の83.6%もの薬局が、すでに電子薬歴を導入しているようです。

また、市場調査やコンサルティングを専門としている「株式会社シード・プランニング」は、薬局における電子薬歴の普及率は、2025年までに90.8%、2030年までに93.1%まで拡大すると予想しています。

数値の実現性は未確定ですが、少なくとも、今よりもますます電子薬歴が注目され普及していくことは間違いないようです。

まだ電子薬歴を導入していない薬局様、現状の電子薬歴の入れ替えを検討している薬局様は、以下にまとめたメリット・デメリットをしっかりと理解し、より自社に適したツールを検討していくようにしましょう。

電子薬歴を導入するメリット

電子薬歴を導入する主なメリットを3点ほど確認してみましょう。

入力業務の効率化

手書きやタイピングによる記録作業の負担が大幅に減るため、スタッフの情報入力作業における効率化が期待できます。

受付業務の効率化

患者の薬歴を簡単に抽出することができるようになるため、受付対応の時間が短縮されて業務が効率化します。患者においては、待ち時間の短縮にもつながります。

服薬指導の省力化

患者の薬歴カルテは、いわゆるSOAP形式と呼ばれるフォーマットに記入されることが主流となっていますが、電子薬歴の場合、製品ごとにSOAP形式に対応しているため、服薬指導の省力化や、指導の質の安定化が期待できます。

調剤ミスの防止

電子薬歴にはサジェスト機能やアラート機能が搭載されているため、前回までの処方と内容が異なった場合には、自動的に通知がなされる仕組みとなります。また、医薬品の規格や適用対象が変更となった場合でも、同様に通知がなされるため、調剤や処方のミスの未然防止に役立つことでしょう。

加えて、電子薬歴システムのコメント機能を活用すれば、他の薬剤師に対して情報の引継ぎを行うこともできます。

電子薬歴を導入するデメリット

電子薬歴を導入する主なデメリットを3点ほど見てみましょう。

コストや労力の問題

選択するシステムにもよりますが、導入には初期コストが発生します。また、スムーズに操作できるようになるまでに相応の時間を要することも周知しておく必要があるでしょう。

PCやネットワーク関連のトラブル

安定的にシステムを運用できる状態になったとしても、PCの故障やネットワーク障害などのトラブルが発生した場合、システムによっては、緊急でアナログ対応するしかないこともあります。

セキュリティの問題

電子データである以上、故意または過失による情報漏洩や、災害によるデータ逸失などのリスクがあります。

【まとめ】デメリットを理解した上での高普及率

メリットの大きい電子薬歴ですが、上記の通り、デメリットがあることも忘れてはなりません。ただし、多くの薬局関係者がそれらのデメリットを理解した上でも、すでに全体の83.6%もの薬局が電子薬歴を導入しているという事実にも目を向けるべきでしょう。

本サイトでは、各薬局に適した電子薬歴の選び方を「3つの観点」から解説しています。電子薬歴の導入やツール変更をお考えの薬局様は、ぜひ以下のページをご参照ください。

電子薬歴選びの
3つのポイント

調剤薬局でもIT化はとどまるところを知らず、電子薬歴の普及率は80%を超えています(※)。様々な製品が開発・改良される中で、電子薬歴が業務を効率化できるというのは、もはや当たり前。
他方で、一体型、クラウド型、ハイブリッド型といった製品タイプだけで選ぶべきではありません。
製品選びで重要なのは、その上でさらに何を電子薬歴に求めるかなのです。

ここでは、Google検索「電子薬歴」でヒットした36製品を調査(2022年2月9日時点)。「指導文作成を効率化する機能」「処方監査機能」「サポート体制完備」「在宅訪問に対応」といった、基本的な機能が搭載されている電子薬歴の中で、「機能」「費用」「ユーザーコミュニティ」の3つのポイントに沿っておすすめの製品を紹介します。

※参照元:厚生労働省「かかりつけ薬剤師・薬局に関する調査報告書[PDF](https://www.mhlw.go.jp/content/000509233.pdf)
ハイブリッド型
【機能】で選ぶなら
エリシアS
エリシアS

引用元:シグマソリューション公式HP
https://www.sigma-sol.co.jp/products/elixirs/

こんな薬歴
  • 患者一人一人にあわせた指導文を簡単に作成

  • 経営を強化できる機能を
    多数搭載&経営支援も

公式HPで
詳細を見る

電話で製品について
問い合わせる

エリシアSの
機能性について
詳しく見る

クラウド型
【費用】で選ぶなら
MEDIXS®
メディクス

引用元:アクシス公式HP
https://medixs.jp/

こんな薬歴
  • 端末増設時に追加費用

    かからない定額制

  • 均一な薬歴作成を
    図れる
    シンプルな
    製品

公式HPで
詳細を見る

電話で製品について
問い合わせる

MEDIXS®が
費用を抑えられる
理由を見る

クラウド型
【ユーザーコミュニティ】で選ぶなら
Musubi
Musubi

引用元:カケハシ公式HP
https://musubi.kakehashi.life/

こんな薬歴
  • 課題を共有し意見交換ができる
    交流会を開催

  • 各分野の専門講師
    によるセミナーで
    スキルアップ

公式HPで
詳細を見る

電話で製品について
問い合わせる

Musubiの
コミュニティ
の詳細を見る

※選定条件:Google検索「電子薬歴」でヒットした36製品(2022年2月9日時点)のうち、「指導文作成を効率化する機能」「処方監査機能」「サポート体制完備」「在宅訪問に対応」機能が搭載されている電子薬歴の中から、それぞれ以下の条件で選定。
※機能で選ぶなら:指導文について、定型文ではなく自分で考え、編集できる機能が唯一ある
※費用で選ぶなら:端末が増えても追加費用が掛からない電子薬歴の内、更新費用が無料と公式HPに明記されている製品
※ユーザーコミュニティで選ぶなら:ユーザーが参加できる交流会を唯一開催