電子薬歴導入ガイド » 調剤薬局の経営面から見る電子薬歴にできること » 在宅医療のサポート

在宅医療のサポート

在宅医療の推進

門前薬局からかかりつけ薬局へ

ここまでお伝えしてきたとおり、厚生労働省は調剤薬局に対して、従来の門前薬局からかかりつけ薬局への移行を推奨しています。

その背景には在宅医療・在宅介護の推進があり、薬局としては在宅医療患者への指導を進めていかなければなりません

参照元:厚生労働省「在宅医療・介護の推進について」[PDF]https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/zaitaku/dl/zaitakuiryou_all.pdf

在宅医療(訪問調剤)の準備・流れ

薬局が在宅訪問「居宅療養管理指導」を始めるにあたり、まずは「在宅訪問薬剤管理指導」の届出が必要になります。介護保険がある患者に関しては、保険薬局に指定された薬局であれば「介護保険事業者」とみなし指定になるため、特に手続きは要りません。しかし介護保険がない患者に対して在宅医療を行う場合は、所轄の厚生局に届出が必要になるのです。

厚生局のホームページからでも届出状況を確認でき、まだ届出を行っていない場合には「在宅患者訪問薬剤管理指導の届出」の書類について、管轄エリアの厚生局HPからダウンロードする必要があります。届出は郵送でも提出できるため、手続き自体はそこまで負担にはならないでしょう。

在宅医療(訪問調剤)の流れ

在宅医療(訪問調剤)を始めるまでの流れは、大きく以下のようになります。

  1. 医師や病院、ケアマネージャーなどからの相談
  2. 訪問に至る経緯や利用者・主治医の情報、介護保険認定の有無などを確認
  3. 地方厚生局に届出を行う
  4. 医師への状況報告・訪問指示
  5. 患者からの同意を得る
  6. 訪問調剤開始
  7. 医師との状況共有・多職種との連携など

まずは届出を行った上で、訪問調剤が決定されたら訪問回数などの訪問計画を立て、実際に服薬指導を行います。

在宅医療(訪問調剤)を行う上でのポイント

薬局が在宅医療を行うにあたり、最も重要なのは訪問計画の時点で医師から患者の病状や訪問指導の内容を丁寧に共有してもらうことと、医師との連絡・相談を行うことです。

また、服薬支援としてお薬の配達以外にも、薬剤師から患者に対して手助けとなるような様々な服薬支援の提案を行います。例えばお薬を服用タイミングに合わせて一包化したり、飲みやすいよう粉砕したりなど…。飲み忘れを防ぐためにお薬カレンダーを作成することもあります。

また、服薬によって患者に体調変化が生じる可能性もあるため、副作用と日常生活の変化を結び付けやすいようサポートすることも欠かせません。

在宅医療における薬剤師の役割

薬剤師に求められるもの

厚生労働省からの指導により、薬剤師は以下の項目を求められています。

これらをまとめると、在宅医療患者への最適かつ効率的で安全・安心な薬物療法の提供が薬剤師に求められているということです。もちろん、在宅医療における薬剤関連の問題点は多くあります。

在宅医療はどうしても高齢者が多くなるため、加齢による合併症とそれに伴う多剤併用傾向はいかんともしがたく、重複投薬や相互作用のリスクが高い状態です。

視力や嚥下能力も低下するので、服薬方法の支援も欠かせません。高齢者は内蔵機能も低下しているので、体内薬物動態の変動や、個々の患者さんの生理機能に応じた処方、調剤、服薬管理も必要です。ひと口に在宅医療といっても、これだけの視点がかかりつけ薬局の薬剤師に求められるのです。

参照元:厚生労働省「在宅医療における薬剤師の役割と課題」[PDF]https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000000zap2-att/2r9852000000zatv.pdf

在宅医療をサポートする電子薬歴

クラウド型の電子薬歴が在宅医療の現場で活躍する

上記のとおり在宅医療推進が求められている現在、薬局内だけでなく訪問先でも操作・入力できるクラウド型の電子薬歴が注目されています。

その場で薬歴を入力することで電子薬歴の入力漏れやミスを防ぐことができ、薬歴入力の効率化も実現できるのです。

本サイトでは「クラウド型」「レセコン一体型」「ハイブリッド型」という種類ではなく、それぞれの薬局が何をもって電子薬歴を選ぶべきか、3つの観点からそれぞれの目的別に電子薬歴を紹介していますので、ぜひ自社に合った電子薬歴選びの参考になさってください。

3つの観点から選ぶ
自社に合った電子薬歴とは

電子薬歴選びの
3つのポイント

調剤薬局でもIT化はとどまるところを知らず、電子薬歴の普及率は80%を超えています(※)。様々な製品が開発・改良される中で、電子薬歴が業務を効率化できるというのは、もはや当たり前。
他方で、一体型、クラウド型、ハイブリッド型といった製品タイプだけで選ぶべきではありません。
製品選びで重要なのは、その上でさらに何を電子薬歴に求めるかなのです。

ここでは、Google検索「電子薬歴」でヒットした36製品を調査(2022年2月9日時点)。「指導文作成を効率化する機能」「処方監査機能」「サポート体制完備」「在宅訪問に対応」といった、基本的な機能が搭載されている電子薬歴の中で、「機能」「費用」「ユーザーコミュニティ」の3つのポイントに沿っておすすめの製品を紹介します。

※参照元:厚生労働省「かかりつけ薬剤師・薬局に関する調査報告書[PDF](https://www.mhlw.go.jp/content/000509233.pdf)
ハイブリッド型
【機能】で選ぶなら
エリシアS
エリシアS

引用元:シグマソリューション公式HP
https://www.sigma-sol.co.jp/products/elixirs/

こんな薬歴
  • 患者一人一人にあわせた指導文を簡単に作成

  • 経営を強化できる機能を
    多数搭載&経営支援も

公式HPで
詳細を見る

電話で製品について
問い合わせる

エリシアSの
機能性について
詳しく見る

クラウド型
【費用】で選ぶなら
MEDIXS®
メディクス

引用元:アクシス公式HP
https://medixs.jp/

こんな薬歴
  • 端末増設時に追加費用

    かからない定額制

  • 均一な薬歴作成を
    図れる
    シンプルな
    製品

公式HPで
詳細を見る

電話で製品について
問い合わせる

MEDIXS®が
費用を抑えられる
理由を見る

クラウド型
【ユーザーコミュニティ】で選ぶなら
Musubi
Musubi

引用元:カケハシ公式HP
https://musubi.kakehashi.life/

こんな薬歴
  • 課題を共有し意見交換ができる
    交流会を開催

  • 各分野の専門講師
    によるセミナーで
    スキルアップ

公式HPで
詳細を見る

電話で製品について
問い合わせる

Musubiの
コミュニティ
の詳細を見る

※選定条件:Google検索「電子薬歴」でヒットした36製品(2022年2月9日時点)のうち、「指導文作成を効率化する機能」「処方監査機能」「サポート体制完備」「在宅訪問に対応」機能が搭載されている電子薬歴の中から、それぞれ以下の条件で選定。
※機能で選ぶなら:指導文について、定型文ではなく自分で考え、編集できる機能が唯一ある
※費用で選ぶなら:端末が増えても追加費用が掛からない電子薬歴の内、更新費用が無料と公式HPに明記されている製品
※ユーザーコミュニティで選ぶなら:ユーザーが参加できる交流会を唯一開催