電子薬歴導入ガイド » 電子薬歴一覧

電子薬歴一覧

電子薬歴は多くのメーカーが開発を手がけています。ここでは現在出回っている主な電子薬歴について紹介します。

電子薬歴選びの
3つのポイント

調剤薬局でもIT化はとどまるところを知らず、電子薬歴の普及率は80%を超えています(※)。様々な製品が開発・改良される中で、電子薬歴が業務を効率化できるというのは、もはや当たり前。
他方で、一体型、クラウド型、ハイブリッド型といった製品タイプだけで選ぶべきではありません。
製品選びで重要なのは、その上でさらに何を電子薬歴に求めるかなのです。

ここでは、Google検索「電子薬歴」でヒットした36製品を調査(2022年2月9日時点)。「指導文作成を効率化する機能」「処方監査機能」「サポート体制完備」「在宅訪問に対応」といった、基本的な機能が搭載されている電子薬歴の中で、「機能」「費用」「ユーザーコミュニティ」の3つのポイントに沿っておすすめの製品を紹介します。

※参照元:厚生労働省「かかりつけ薬剤師・薬局に関する調査報告書[PDF](https://www.mhlw.go.jp/content/000509233.pdf)
ハイブリッド型
【機能】で選ぶなら
エリシアS
エリシアS

引用元:シグマソリューション公式HP
https://www.sigma-sol.co.jp/products/elixirs/

こんな薬歴
  • 患者一人一人にあわせた指導文を簡単に作成

  • 経営を強化できる機能を
    多数搭載&経営支援も

公式HPで
詳細を見る

エリシアSの
機能性について
詳しく見る

クラウド型
【費用】で選ぶなら
MEDIXS®
メディクス

引用元:アクシス公式HP
https://medixs.jp/

こんな薬歴
  • 端末増設時に追加費用

    かからない定額制

  • 均一な薬歴作成を
    図れる
    シンプルな
    製品

公式HPで
詳細を見る

MEDIXS®が
費用を抑えられる
理由を見る

クラウド型
【ユーザーコミュニティ】で選ぶなら
Musubi
Musubi

引用元:カケハシ公式HP
https://musubi.kakehashi.life/

こんな薬歴
  • 課題を共有し意見交換ができる
    交流会を開催

  • 各分野の専門講師
    によるセミナーで
    スキルアップ

公式HPで
詳細を見る

Musubiの
コミュニティ
の詳細を見る

※選定条件:Google検索「電子薬歴」でヒットした36製品(2022年2月9日時点)のうち、「指導文作成を効率化する機能」「処方監査機能」「サポート体制完備」「在宅訪問に対応」機能が搭載されている電子薬歴の中から、それぞれ以下の条件で選定。
※機能で選ぶなら:指導文について、定型文ではなく自分で考え、編集できる機能が唯一ある
※費用で選ぶなら:端末が増えても追加費用が掛からない電子薬歴の内、更新費用が無料と公式HPに明記されている製品
※ユーザーコミュニティで選ぶなら:ユーザーが参加できる交流会を唯一開催

Apobahn

Apobahnは外出先でもタブレットやスマホで使える電子薬歴です。
医療情報ネットワーク「EHR」が標準で装備されているため、適切な医療提供をサポートしてくれるでしょう。

ENIFvoice SP+A

ENIFvoice SP+Aは、薬歴の作成に特化した音声辞書により、医療用語も認識してくれるような自動音声認識機能が搭載されています。
キーボードを打つ必要もないので、タイピングが苦手な方でも使いやすい電子薬歴と言えるでしょう。

ENIFvoice Core

ENIFvoice Coreは、薬剤師ごとに電子薬歴の画面のレイアウトをカスタマイズできるため、それぞれの使いやすさに合わせて利用することができるでしょう。

また、患者情報や薬歴農場はクラウドによって共有できるため、他の店舗でも確認できるもの強みとなるでしょう。

エリシアS

エリシアSはAI機能で指導文のピックアップや処方箋の自動入力を行ってくれるため、業務効率を上げることができるでしょう。

また、指導文はテンプレートを編集することができるため、細かく指導を行いたい薬局にはぜひ導入を検討していただきたい電子薬歴になっています。

Cabinet

一体型電子薬歴システムCabinetは、処方・薬歴・会計データの一元管理で真正性を向上させ、省スペースも含めた薬局業務の運用の実現を目指します。

現場の機能では、服薬指導を行なった後で後会計の加算更新ができる投薬カウンター機能が便利です。

KUSUDAMA

KUSUDAMAは薬歴をはじめ薬局業務のすべてをタブレットで行なうためのシステム。

情報共有による業務の見える化、そして効率化で患者さんに向き合う時間を増やし、かかりつけ薬剤師に求められる対人業務をサポートしてくれます。

KY2

ワンランク上の服薬指導を目指して開発された電子薬歴KY2。

患者さんへのヒアリング情報から指導事項と確認事項がわかるので、服薬指導のスキルアップにもつながります。
また、オプションのタブレットを活用すれば、薬局内はもちろん外出先でも利用できます。

GENNAI just

GENNAI justは外国語で薬の説明書を印刷できる電子薬歴です。
海外から訪れたお客様や渡航者に対しても正しく薬の情報を伝えることができるでしょう。

また、処方薬に特記事項がある際には、該当の情報を電子薬歴上に表示できるため、見落としのリスクを減らすことができるでしょう。

GooCo

薬歴がパソコンでしか使えないという状況を打開すべく開発された電子薬歴GooCoは、いつでもどこでもiPadでスピーディーな薬歴作成を可能にしたツールです。

薬剤師が使いやすいことを第一につくられたシステムで、シンプルな操作性も特徴です。

GOHL2

GOHL2は、操作性に特徴を持つ電子薬歴です。
処方電入力機能において、文字やボタンの表示を大きくしたことで、コンピューター操作が苦手な人でも使いやすいような設計にしました。

薬歴形式はIBSSに準拠しており、わかりやすさについても特筆するべきでしょう。

ConnectReport

ConnectReportは、シンプルでわかりやすいを目指した電子薬歴です。

薬品や処方における特記事項がわかりやすく表示されるだけでなく、画像で患者の状態を共有できます。
そのため、患者の変化や処方の変更を瞬時に確認することができるでしょう。

JP調剤System

JP調剤Systemは、薬剤師をサポートする機能が搭載されている電子薬歴です。

「投薬カレンダー」や「過誤防止機能」、「在庫管理機能」など患者とのやり取りからバックオフィス業務まで広くサポートしてくれるのは魅力的でしょう。

SOAP.Q&S PROUD

従来から質の高い記録内容を実現してきた電子薬歴SOAP.Q&Sが進化したPROUD。

マウスやキーボードが操作しやすい設計で入力時間の短縮を目指し、画面レイアウトやカラーが徹底的に見直されて視認性に優れた電子薬歴となりました。

CARADA 電子薬歴 Solamichi

直感的な操作性とシンプルでわかりやすいシステムが特徴のCARADA 電子薬歴 Solamichi。

指導内容にチェックを入れるだけで文章を自動作成してくれるワンクリック薬歴作成をはじめ、「指導ナビ」「加算ナビ」「監査ナビ」など薬剤師さんの業務をサポートする機能が充実しています。

調剤薬局総合ITソリューション

調剤薬局総合ITソリューションは、タブレット型の電子薬歴であり、場所を選ばずに服薬指導を行えることを強みとしています。

また、システムの導入から導入後までを専任のコンサルがサポートしてくれるため、導入した後も使いやすさを追求できるでしょう。

服薬指導支援システム Di Notes Ⅱ

Di Notes Ⅱは、ハイリスク薬データベースを有しており、指導文を作成する際には、「指導漏れ」の低減することに寄与しています。

また、指導内容を患者に「伝える」ことを追求しており、搭載された手書き機能によって図やイメージで伝えられるようになっています。

DrugstarCereb2 EX

DrugstarCereb2 EXは、情報確認が簡単にできる電子薬歴です。

カレンダー機能によって訪問予定や発注といったような予定を管理するだけでなく、特筆するべきな患者情報などをポップアップ表示させるとこで、引継ぎの際にも簡単に伝達できるように配慮されています。

Hi-story

紙と違って電子薬歴は並べてみることができないから不便という声もありますが、Hi-storyは処方箋画像や服薬指導の内容などを一度に並べて表示、閲覧することができます。

また、基本的な薬のほか漢方やサプリメントなど付加的な情報も揃っているのも便利です。

P-CUBE n

P-CUBE nは、レセコン一体型の電子薬歴です。そのため、薬局全体の業務効率化を実現させました。

また、LINEを活用して患者とやり取りする「フォロナビ」というサービスを搭載しており、効果的な服薬フォローを行うことができます。

P-pass

P-passは、医薬品データベースが搭載されており、新薬やジュネリックにも広く対応している電子薬歴です。

また、タブレット端末なので、通信環境下であればどこでも薬歴の閲覧や法報告書の作成が可能になるのは業務効率化に向けて大きな魅力となるでしょう。

P-POS

さまざまな自動チェック機能を持つ電子薬歴P-POSは、処方監査や薬歴監査に必要な情報をピックアップして一覧で確認できます。
薬歴はひとつひとつの情報を確認しながら迅速かつ正確に作成可能で、必要に応じてドクターへの確認もすばやく実施します。

Pharms

Pharmsは、服薬中の患者に対し、事前に設定しておいたタイミングでメッセージや質問票を送信できる機能を持っています。

送信する内容やタイミングはそれぞれカスタマイズすることができるため、一人一人に合ったコミュニケーションが可能。

PharnesV-MX

監査情報や過去の薬歴を同じ画面に表示してくれる電子薬歴がありますが、PharnesV-MXは横長の画面で過去4回分を一度に確認できる一覧性の良さが特徴です。

データベースの情報は簡単に薬歴に転記できるので、業務の効率化にも役立つでしょう。

Pharma-SEED EX

Pharma-SEED EXはレセコン一体型の電子薬歴です。
薬歴管理に必要なすべての情報が1画面に集約され、頻繁に使用する機能をカスタムパネルに配置できるので作業効率もアップ。

オプションも充実しており、薬局に合わせた機能を揃えることができます。

ファーミー

ファーミーは電子薬歴や処方箋のQRコード読み込み機能を備えたオールインワンのレセコン。

薬局業務に必要な機能はすべて標準装備され、外出先に端末を持ち出せばオフラインで患者さんの情報が見られる「おでかけファーミー」も便利です。

Brain Box VⅢ

Brain Box VⅢは、医薬品データベースの「MDbank©」を搭載しており、調剤や服薬指導の品質向上につながる機能を持った電子薬歴です。

また、「誰もが使える電子カルテ」を目指し、直感的な操作ができるような設計をしているところがポイントです。

PRESUS

PRESUSは、業務効率化を目的として開発されたレセコン一体型の電子薬歴です。

スムーズな会計処理も可能にするため、患者の待ち時間の削減にもつながります。
薬歴としての機能だけでなく、調剤薬局の幅広い業務をサポートしてくれる点は大きな特徴でしょう。

ぶんぎょうめいとver.6Plus

ぶんぎょうめいと ver.6Plusは、EHR機能を搭載した電子薬歴です。

医療機関と処方箋情報、調剤情報を連携することができ、スムーズな医療環境づくりが可能となっています。
また、過去の処方とも比較しながら処方箋を作成できるため、ミスの予防にもつながるでしょう。

MAPs

電子薬歴とレセコンが一体となったクラウド型の業務支援システムです。

QRコードがない処方箋も読み取る光学式文字認識機能や、病名を推論して服薬指導文を提案する学習機能などが搭載され、業務の効率化で患者さんの待ち時間も大幅に短縮できます。

Musubi

Musubiは業務や収益の見える化や複数店舗間の情報共有などを通じて、店舗の状況把握、働き方改革、患者満足の3つを連携させて薬局変革を目指しています。
単なる薬局業務のサポートツールとしての電子薬歴を超えた、トータルな薬局支援システムです。

MEDIXS®

豊富な機能と頻繁なアップデートが特徴のメディクスは、システム開発を他社に委託せず100%自社開発。

スピーディーな機能アップデートによって現場の薬剤師さんのニーズを的確に取り入れ、常に進化を続けている電子薬歴です。

Melhis

Melhisは画面レイアウトのカスタマイズ性が高く、薬局ごとに使いやすい形で設定できる柔軟性の高さが特徴の電子薬歴です。

使いたい機能や画面に行きつくまで何度もクリックするのは非常にストレスですが、Melhisならそういった悩みも解消できるでしょう。

薬歴くん

薬歴くんは、シンプルな画面や簡単な操作によって薬歴作成時間を短くし、結果的に患者の待ち時間を短縮することに寄与した電子薬歴です。

また、監査を支援する機能も様々搭載しており、処方にミスがないように細かく確認することができます。

らく歴

「紙薬歴に近い運用で電子化を」というコンセプトで開発されたらく歴は、頭書きと薬歴の2つに特化した電子薬歴です。

運用はタブレットPCを使用するため設置場所を固定する必要もなく、紙のようにページをめくり、ペンで書くように指導内容を記入できます。

Recepty NEXT

Recepty NEXTは、レセコンと服薬指導支援機能を一体化させた電子薬歴です。

加えて、使いやすさにも配慮しており、見たい情報はボタン1つで簡単に表示できます。
このことから、服薬指導だけでなく、調剤薬局の様々な場面で利用することができるでしょう。

iMelhis

iMelhisは、インターネット環境があれば外に持ち出して使用可能な電子薬歴です。記録、変更、削除などの情報はリアルタイムで連動するため、古い情報を参照してしまいトラブルになるような心配もないでしょう。
有料ではあるものの、アフターサポートも充実しているので相談しやすいです。

pharm-i

操作性に優れており、高機能な処方箋入力も特徴的な電子薬歴です。 迅速な処方箋入力を行うため、2ウィンドウ表示方式を採用しました。
患者さんのアレルギーや副作用といった情報は処方箋入力中に常時表示されます。いつでも確認できるため、万が一のミスを減らすことにもつながりそうです。

TomorrowPharmacy21

TomorrowPharmacy21は機能性に優れていて、使いやすさを感じさせる電子薬歴です。調剤支援票出力機能は標準で搭載されています。
サポートも充実しており、リモートメンテナンスやトリプルバックアップを用意して、思わぬトラブルにしっかり備えているのが特徴です。表示画面も感覚的に操作しやすいです。

ホルトノキ

ホルトノキは、シンプルな操作で薬歴をスピーディーに記載できる電子薬歴です。
前回処方と今回処方分について簡単に比較できるため、変更点を一目でチェックできるので業務効率化を図れます。クラウド型電子薬歴でPCやタブレットでも場所を問わずに使えるのもメリットだと言えます。

電子薬歴選びの
3つのポイント

調剤薬局でもIT化はとどまるところを知らず、電子薬歴の普及率は80%を超えています(※)。様々な製品が開発・改良される中で、電子薬歴が業務を効率化できるというのは、もはや当たり前。
他方で、一体型、クラウド型、ハイブリッド型といった製品タイプだけで選ぶべきではありません。
製品選びで重要なのは、その上でさらに何を電子薬歴に求めるかなのです。

ここでは、Google検索「電子薬歴」でヒットした36製品を調査(2022年2月9日時点)。「指導文作成を効率化する機能」「処方監査機能」「サポート体制完備」「在宅訪問に対応」といった、基本的な機能が搭載されている電子薬歴の中で、「機能」「費用」「ユーザーコミュニティ」の3つのポイントに沿っておすすめの製品を紹介します。

※参照元:厚生労働省「かかりつけ薬剤師・薬局に関する調査報告書[PDF](https://www.mhlw.go.jp/content/000509233.pdf)
ハイブリッド型
【機能】で選ぶなら
エリシアS
エリシアS

引用元:シグマソリューション公式HP
https://www.sigma-sol.co.jp/products/elixirs/

こんな薬歴
  • 患者一人一人にあわせた指導文を簡単に作成

  • 経営を強化できる機能を
    多数搭載&経営支援も

公式HPで
詳細を見る

電話で製品について
問い合わせる

エリシアSの
機能性について
詳しく見る

クラウド型
【費用】で選ぶなら
MEDIXS®
メディクス

引用元:アクシス公式HP
https://medixs.jp/

こんな薬歴
  • 端末増設時に追加費用

    かからない定額制

  • 均一な薬歴作成を
    図れる
    シンプルな
    製品

公式HPで
詳細を見る

電話で製品について
問い合わせる

MEDIXS®が
費用を抑えられる
理由を見る

クラウド型
【ユーザーコミュニティ】で選ぶなら
Musubi
Musubi

引用元:カケハシ公式HP
https://musubi.kakehashi.life/

こんな薬歴
  • 課題を共有し意見交換ができる
    交流会を開催

  • 各分野の専門講師
    によるセミナーで
    スキルアップ

公式HPで
詳細を見る

電話で製品について
問い合わせる

Musubiの
コミュニティ
の詳細を見る

※選定条件:Google検索「電子薬歴」でヒットした36製品(2022年2月9日時点)のうち、「指導文作成を効率化する機能」「処方監査機能」「サポート体制完備」「在宅訪問に対応」機能が搭載されている電子薬歴の中から、それぞれ以下の条件で選定。
※機能で選ぶなら:指導文について、定型文ではなく自分で考え、編集できる機能が唯一ある
※費用で選ぶなら:端末が増えても追加費用が掛からない電子薬歴の内、更新費用が無料と公式HPに明記されている製品
※ユーザーコミュニティで選ぶなら:ユーザーが参加できる交流会を唯一開催