電子薬歴導入ガイド » 電子薬歴業界の新着ニュース » 【2024年】IT導入補助金スケジュールと
対象の電子薬歴を紹介

【2024年】IT導入補助金スケジュールと
対象の電子薬歴を紹介

2024年のIT導入補助金スケジュールについて、対象の電子薬歴や補助額、申請要件などを紹介を紹介します。

2024年のIT導入補助金のスケジュール(通常枠)

参照元:IT導入補助金2024|事業スケジュール (https://it-shien.smrj.go.jp/schedule/)

2024年のIT導入補助金(通常枠)の補助額・申請要件は?

電子薬歴の補助額について

IT導入補助金の申請要件

薬局は小売業となるため、IT導入補助金の申請要件は「資本金の額、または出資の総額が5千万円以下の会社、または常時使用する従業員の数が50人以下の会社及び個人事業主」となります。

補助対象経費の概要

補助事業者は、登録されたIT導入支援事業者へ相談の上、自社の生産性向上に寄与する適切なITツールを選択して申請します。補助対象となるITツールは以下のとおりです。

参照元:IT導入補助金2024|IT導入補助金 公募要領 通常枠[PDF] (https://it-shien.smrj.go.jp/pdf/r5_koubo_tsujyo.pdf)

インボイス枠とは?

持続化補助金とIT導入補助金の支援対象として、「インボイス制度」への対応を行う方針が定められました。インボイス制度とは、課税事業者が発行するインボイスに記載された税額のみを仕入税額控除できる制度のことです。

IT導入補助金においては、インボイス制度への対応を考慮したITツールの導入支援が行われます。なお、インボイス枠が適用されている電子薬歴は2024年3月現在確認できませんでした。

IT導入補助金申請のフロー

まずは、交付規程・公募要領を読んで補助事業について理解を深めましょう。理解ができたら、「gBizIDプライム」アカウントを取得します。アカウントID発行までは2週間ほどかかるため、早めの申請手続きをおすすめします。また、「SECURITY ACTION」宣言の実施も行います。

次に「みらデジ」ポータルサイトにgBizIDで登録し、「経営チェック」を行う必要があります。みらデジは、中小企業・小規模事業者等の経営課題をデジタル化で解決することをサポートする制度です。みらデジ経営チェックを行わないと、申請要件を満たさず不採択となるので注意しましょう。

最後にITツール検索などを活用して自社に合うITツールやIT導入支援事業者を選定し、交付申請を行います。

IT導入補助金対象の主な電子薬歴は?

エリシアS

満足(Satisfaction)・持続可能(Sustainable)・提案(Suggest)という3つの「S」が込められているエリシアS。タブレットとブラウザのどちらからも入力でき、他店舗との薬歴共有も簡単に行うことができます。

Gooco

タッチ入力や音声入力などによって、服薬指導しながら簡単に薬歴作成することが可能です。上から下に沿って表示されたボタンを押していくと薬歴が完成するガイド機能により、服薬指導の底上げと薬歴入力時間の短縮も可能です。

CARADA 電子薬歴 Solamichi

ナビ機能が搭載されていて、自動で表示される文例にチェックするだけで薬歴作成が可能です。また、自動作成された指導分はひとつのボタンで簡単に薬歴に反映。薬歴の質を担保するとともに、業務効率化をサポートします。

参照元:IT導入補助金2024|IT導入補助金2024 (令和5年度補正サービス等生産性向上IT導入支援事業) IT導入支援事業者(コンソーシアム)採択一覧[PDF] (https://it-shien.smrj.go.jp/pdf/r5_it_consortium_list.pdf)

電子薬歴選びの
3つのポイント

調剤薬局でもIT化はとどまるところを知らず、電子薬歴の普及率は80%を超えています(※)。様々な製品が開発・改良される中で、電子薬歴が業務を効率化できるというのは、もはや当たり前。
他方で、一体型、クラウド型、ハイブリッド型といった製品タイプだけで選ぶべきではありません。
製品選びで重要なのは、その上でさらに何を電子薬歴に求めるかなのです。

ここでは、Google検索「電子薬歴」でヒットした36製品を調査(2022年2月9日時点)。「指導文作成を効率化する機能」「処方監査機能」「サポート体制完備」「在宅訪問に対応」といった、基本的な機能が搭載されている電子薬歴の中で、「機能」「費用」「ユーザーコミュニティ」の3つのポイントに沿っておすすめの製品を紹介します。

※参照元:厚生労働省「かかりつけ薬剤師・薬局に関する調査報告書[PDF](https://www.mhlw.go.jp/content/000509233.pdf)
ハイブリッド型
【機能】で選ぶなら
エリシアS
エリシアS

引用元:シグマソリューション公式HP
https://www.sigma-sol.co.jp/products/elixirs/

こんな薬歴
  • 患者一人一人にあわせた指導文を簡単に作成

  • 経営を強化できる機能を
    多数搭載&経営支援も

公式HPで
詳細を見る

電話で製品について
問い合わせる

エリシアSの
機能性について
詳しく見る

クラウド型
【費用】で選ぶなら
MEDIXS®
メディクス

引用元:アクシス公式HP
https://medixs.jp/

こんな薬歴
  • 端末増設時に追加費用

    かからない定額制

  • 均一な薬歴作成を
    図れる
    シンプルな
    製品

公式HPで
詳細を見る

電話で製品について
問い合わせる

MEDIXS®が
費用を抑えられる
理由を見る

クラウド型
【ユーザーコミュニティ】で選ぶなら
Musubi
Musubi

引用元:カケハシ公式HP
https://musubi.kakehashi.life/

こんな薬歴
  • 課題を共有し意見交換ができる
    交流会を開催

  • 各分野の専門講師
    によるセミナーで
    スキルアップ

公式HPで
詳細を見る

電話で製品について
問い合わせる

Musubiの
コミュニティ
の詳細を見る

※選定条件:Google検索「電子薬歴」でヒットした36製品(2022年2月9日時点)のうち、「指導文作成を効率化する機能」「処方監査機能」「サポート体制完備」「在宅訪問に対応」機能が搭載されている電子薬歴の中から、それぞれ以下の条件で選定。
※機能で選ぶなら:指導文について、定型文ではなく自分で考え、編集できる機能が唯一ある
※費用で選ぶなら:端末が増えても追加費用が掛からない電子薬歴の内、更新費用が無料と公式HPに明記されている製品
※ユーザーコミュニティで選ぶなら:ユーザーが参加できる交流会を唯一開催