電子薬歴導入ガイド » 調剤薬局の経営面から見る電子薬歴にできること » 薬剤師の人材不足解消

薬剤師の人材不足解消

薬剤師は現在のところ完全な売り手市場で、現場では調剤以外の仕事も負担になって離職に至るなど人材不足が顕著となっています。
その実態について詳しくみていきましょう。

調剤薬局は人手が不足している?

薬剤師は売り手市場

いくら求人を出してもなかなか薬剤師を採用できないという薬局は少なくありません。
薬剤師の総数は決して少なくないはずなのに、採用できないために高額な費用を投じて派遣を依頼する薬局もあります

厚生労働省の調査によると、平成18年度における医師・薬剤師の求人倍率は7.28倍ですが、平成25年度には10.05倍と急速に売り手市場になったことがわかります(※1)。

一方で薬剤師の総数は増えており、平成28年度では人口10万人に対して237.4人、前年より10.7人も増えています(※2)。

このように、薬剤師そのものの総数が増えているにもかかわらず、「なぜ薬剤師が不足しているか」というと、人口の多い県に薬剤師が集中しているからです。
そのせいで地方の中小規模薬局の薬剤師確保が困難になっているのです。いよいよ薬剤師確保ができなくなると、かなりの高時給で派遣を受ける薬局もあります。

また、女性には出産や育児といったライフイベントがありますので産休や育休を取るケースも多く、お子さんが保育園や学校に行っている間だけ働くという時短勤務を希望する薬剤師も多くいます。
そうなると派遣で働いたほうが時間的に融通が利くので、どうしてもそちらに流れることになります。これでは、普通に求人を出しても常勤薬剤師が集まらないのも無理はありません。

※1参照元:厚生労働省「労働市場分析レポート 第35号」(平成26年5月発表)[PDF](https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/0000066750.pdf)

※2参照元:厚生労働省「平成28年(2016年)医師・歯科医師・薬剤師調査の概況」(平成29年12月発表)[PDF](https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/ishi/16/dl/gaikyo.pdf)

業務の効率化を助ける
おすすめの電子薬歴3選

調剤以外の仕事が増え続けている

業務負担が薬剤師の離職を招く

近年の診療報酬改定や厚生労働省の方針などによって、薬局は調剤以外にも力を入れなければ生き残っていけなくなっています。

確かに以前の薬局は調剤が業務の中心でしたが、かかりつけ薬局として対人業務がメインとなる以上はそちらに時間を費やさなければなりません
結果として薬剤師の負担が増加し、離職者増にもつながっているのです。

薬剤師の業務効率化を目指せる電子薬歴

電子薬歴は業務効率化で離職者を減らせる

近年の電子薬歴は直感的に操作ができるタイプが多く、入力をサポートしてくれる機能を持っている電子薬歴も多く発売されています。

このような電子薬歴を導入すれば業務効率化を図れますし、薬剤師の負担が軽減されて離職者を減らすことにも寄与できると思われます。

本サイトでは「クラウド型」「レセコン一体型」「ハイブリッド型」という種類ではなく、それぞれの薬局が何をもって電子薬歴を選ぶべきか、3つの観点からそれぞれの目的別に電子薬歴を紹介していますので、ぜひ自社に合った電子薬歴選びの参考になさってください。

3つの観点から選ぶ
自社に合った電子薬歴とは

電子薬歴選びの
3つのポイント

調剤薬局でもIT化はとどまるところを知らず、電子薬歴の普及率は80%を超えています(※)。様々な製品が開発・改良される中で、電子薬歴が業務を効率化できるというのは、もはや当たり前。
他方で、一体型、クラウド型、ハイブリッド型といった製品タイプだけで選ぶべきではありません。
製品選びで重要なのは、その上でさらに何を電子薬歴に求めるかなのです。

ここでは、Google検索「電子薬歴」でヒットした36製品を調査(2022年2月9日時点)。「指導文作成を効率化する機能」「処方監査機能」「サポート体制完備」「在宅訪問に対応」といった、基本的な機能が搭載されている電子薬歴の中で、「機能」「費用」「ユーザーコミュニティ」の3つのポイントに沿っておすすめの製品を紹介します。

※参照元:厚生労働省「かかりつけ薬剤師・薬局に関する調査報告書[PDF](https://www.mhlw.go.jp/content/000509233.pdf)
ハイブリッド型
【機能】で選ぶなら
エリシアS
エリシアS

引用元:シグマソリューション公式HP
https://www.sigma-sol.co.jp/products/elixirs/

こんな薬歴
  • 患者一人一人にあわせた指導文を簡単に作成

  • 経営を強化できる機能を
    多数搭載&経営支援も

公式HPで
詳細を見る

電話で製品について
問い合わせる

エリシアSの
機能性について
詳しく見る

クラウド型
【費用】で選ぶなら
MEDIXS®
メディクス

引用元:アクシス公式HP
https://medixs.jp/

こんな薬歴
  • 端末増設時に追加費用

    かからない定額制

  • 均一な薬歴作成を
    図れる
    シンプルな
    製品

公式HPで
詳細を見る

電話で製品について
問い合わせる

MEDIXS®が
費用を抑えられる
理由を見る

クラウド型
【ユーザーコミュニティ】で選ぶなら
Musubi
Musubi

引用元:カケハシ公式HP
https://musubi.kakehashi.life/

こんな薬歴
  • 課題を共有し意見交換ができる
    交流会を開催

  • 各分野の専門講師
    によるセミナーで
    スキルアップ

公式HPで
詳細を見る

電話で製品について
問い合わせる

Musubiの
コミュニティ
の詳細を見る

※選定条件:Google検索「電子薬歴」でヒットした36製品(2022年2月9日時点)のうち、「指導文作成を効率化する機能」「処方監査機能」「サポート体制完備」「在宅訪問に対応」機能が搭載されている電子薬歴の中から、それぞれ以下の条件で選定。
※機能で選ぶなら:指導文について、定型文ではなく自分で考え、編集できる機能が唯一ある
※費用で選ぶなら:端末が増えても追加費用が掛からない電子薬歴の内、更新費用が無料と公式HPに明記されている製品
※ユーザーコミュニティで選ぶなら:ユーザーが参加できる交流会を唯一開催