電子薬歴導入ガイド » 電子薬歴の基礎知識

電子薬歴の基礎知識

電子薬歴を導入したい、でもどのくらい費用がかかって、どんな機能を手に入れられるのか、実際のところはよくわからない…そんな方のために、電子薬歴の基礎知識をまとめてみました。

電子薬歴の価格相場は?

電子薬歴の価格は初期の導入費用と月額費用に分かれます。

初期費用は100~200万円、月額費用は1~3万円といったところが大まかな相場でしょうか。
近年は初期の導入費用を抑え、薬局外でも操作できるクラウド型電子薬歴が普及しつつあります。

電子薬歴のおすすめ機能紹介

最近の電子薬歴は薬歴入力をサポートする機能が充実してきました。

その代表的な機能が服薬指導サポート機能や入力サポート機能。
相互作用などをチェックしてくれる処方監査機能や、重大な副作用の確認事項をサジェストするハイリスク薬アラート機能にも注目です。

電子薬歴の導入事例

電子薬歴を導入したことで多くのメリットを得た薬局の事例を紹介しましょう。

業務の効率化、患者さんとのコミュニケーション活性化だけではなく、在宅医療の現場や薬剤師教育の部分など、さまざまな面で電子薬歴が活躍していることがおわかりいただけます。

電子薬歴にIT補助金は適用される?

IT導入補助金や中小企業投資促進税制は新しい設備を導入する際に補助を受けられる制度で、中小企業や小規模事業者が対象です。

制度の内容をよく確認し、どれだけメリットがあるか見てみましょう。また、導入の際には是非この制度を活用しましょう。

電子薬歴の乗り換えは面倒?

現在使用している電子薬歴に不満があっても、データ移行などがきちんとできるかどうか不安で乗り換えを躊躇している薬局も多いかもしれません。

ですが、電子薬歴データ交換仕様に関する連絡協議会に登録している機種であればデータ移行は可能です。

紙薬歴と電子薬歴の違い

電子薬歴の優れた点は多々ありますが、すべての面において紙薬歴を上回っているわけではありません。

紙薬歴から電子薬歴への切り替えを検討する場合は、双方のメリット・デメリットを十分に理解して、薬局に合った運用を選択するようにしましょう。

電子薬歴の普及率

電子薬歴の普及率は今後も普及率は上昇していくと考えられます。

調剤薬局は「かかりつけ薬局」になることを求められているので、それをサポートする機能を持った電子薬歴が選ばれていくでしょう。

電子薬歴の定型文とテンプレート

患者さんについて薬剤師間で情報のやり取りが必要になるため、電子薬歴は「第三書が見てもわかりやすいこと」が重要になります。

そのうえで、電子脚歴に搭載されている「テンプレート機能」を紹介します。

電子薬歴の選び方

電子薬歴を選ぶ際に押さえたいポイントは2つ。
一つ目は「クラウド型」「レセコン一体型」「ハイブリッド型」のどのタイプを選択するか、二つ目は、搭載されている機能やサポート体制はどんなものなのかです。
それぞれ検討したうえで、導入しましょう。

本サイトでは「クラウド型」「レセコン一体型」「ハイブリッド型」という種類ではなく、それぞれの薬局が何をもって電子薬歴を選ぶべきか、3つの観点からそれぞれの目的別に電子薬歴を紹介していますので、ぜひ自社に合った電子薬歴選びの参考になさってください。

3つの観点から選ぶ
自社に合った電子薬歴とは

電子薬歴を導入するメリットとデメリット

電子薬歴の導入を検討するにあたり、導入のメリットとデメリットを理解しておく必要があります。コストやセキュリティの問題など、デメリットがあることも否定できない電子薬歴ですが、それらを理解した上でも、すでに全体の80%以上の薬局が電子薬歴を導入済みです。

電子化した薬歴データを安全にやり取りするためのセキュリティ対策とは

薬歴データを電子化することにセキュリティ上の不安を抱き、非効率とは知りながらも紙ベースでの薬歴管理を続けている薬局もあるようです。しかしながら、紙ベースでの薬歴は電子薬歴よりも本当に安全と言えるのでしょうか?セキュリティ対策が十分な電子薬歴なら、情報の漏洩・逸失などのリスクを最小限に抑えることができます。

訪問調剤など外出時に便利な電子薬歴

電子薬歴には様々なタイプがありますが、必ずしも全てのタイプが訪問調剤に適しているとは言えません。かえって訪問業務が非効率となるタイプの電子薬歴もあるため、導入に際しては、システムのタイプをよく吟味する必要があります。

電子薬歴も含まれる電子保存の三原則とは

電子薬歴で管理するデータは、法律に沿った形で正しく管理・保管しなければなりません。そこでおさえておかなければならないのが、電子保存の三原則に関することです。電子保存の三原則では真正性、見読性、保存性の3つが定められており、これらをすべて守る必要があります。違反した場合にはペナルティもあるため事前に確認しておきましょう。

電子薬歴の課題とは

電子薬歴にはいくつか課題があります。パソコン操作がわからない、キーボードを打つのが遅い、停電時は利用できない、目が疲れる、導入に費用がかかるなどの課題が代表的です。タイピングスキルを身につける、目のケアをするなど、自分でできる対策もあります。導入費用の課題を解決するためには補助金を活用してみるのも良いでしょう。

電子薬歴の歴史とは

薬歴の登場により、患者さんの服薬指導に必要な情報を素早く確認できるようになりました。歴史が変わっていくにつれて、もともと紙媒体だった薬歴が電子薬歴に代わり、求められている機能も変化しています。入力しやすいのはもちろんのこと、患者さんの服薬指導の質を高めるための機能が強く求められるようになってきました。

電子薬歴の書き方

電子薬歴を書くにあたっては、記載が必要な事項や書き方に留意する必要があります。「必要的記載事項」「任意的記載事項」など、それぞれ理解したうえでスムーズに業務を行うために必要な「電子薬歴の書き方」を知っておきましょう。

電子薬歴と個人情報

薬局業務において個人情報を取り扱うシーンは多くあり、「個人情報取扱事業者」として気を付けなければいけないことがいくつもあります。電子薬歴を取り扱う上でどのような情報が個人情報にあたるのか、知っておくことが重要です。

薬歴を残すことは法律で定められた義務?

薬歴は、薬剤師・薬局に課された義務を果たすために大切なものです。薬歴を残すことは必須と言えます。薬歴がなく薬剤服用歴管理指導料を請求するのは不正請求。実際に未記載で自主返還したケースが発生しています。

BCP対策に電子薬歴を活用しよう

地震やテロなど、なかなか予測して対応するのが難しい緊急時の被害を抑えるために備えておきたいのが、BCP対策です。薬局内ではなく、クラウド上にデータを保存することにより、万が一の備えになります。電子薬歴を導入する際はクラウド型を選択することにより、BCP対策が可能です。ただし、注意点もあるため、導入時はよく確認が必要です。

電子薬歴のシステム連携

電子薬歴をアプリや電子お薬手帳、電子処方箋といったシステムと連携させることにより、さらに便利に活用できるようになります。連携によって作業効率が良くなるだけではなく、作業が簡単になる分、小さなミスを減らすことにも繋がるでしょう。業務の効率化につながればそれまでと比較して患者フォローに回せる時間も増えるはずです。

電子薬歴の購入とリース契約の違い

電子薬歴を新たに導入しようと考えた際、悩んでしまうのが購入とリースのどちらにするかについてです。初期費用を抑えられるのはリースですが、購入を選択した方が総合的な支払額は安くなります。それぞれ特徴が異なるので、メリットとデメリットの両方についておさえておき、状況に合わせて適している方を選択することが欠かせません。

音声入力できる電子薬歴のメリット・デメリット

音声入力による電子薬歴は、手入力よりもスピーディになり担当者の負担も軽減できるため、業務効率化が期待大。ただし音声入力なので、利用する方の話し方の癖やなまりなどが影響するといった現象もあります。音声入力できる電子薬歴のメリットだけではなく、デメリットまでご紹介します。

電子薬歴選びの
3つのポイント

調剤薬局でもIT化はとどまるところを知らず、電子薬歴の普及率は80%を超えています(※)。様々な製品が開発・改良される中で、電子薬歴が業務を効率化できるというのは、もはや当たり前。
他方で、一体型、クラウド型、ハイブリッド型といった製品タイプだけで選ぶべきではありません。
製品選びで重要なのは、その上でさらに何を電子薬歴に求めるかなのです。

ここでは、Google検索「電子薬歴」でヒットした36製品を調査(2022年2月9日時点)。「指導文作成を効率化する機能」「処方監査機能」「サポート体制完備」「在宅訪問に対応」といった、基本的な機能が搭載されている電子薬歴の中で、「機能」「費用」「ユーザーコミュニティ」の3つのポイントに沿っておすすめの製品を紹介します。

※参照元:厚生労働省「かかりつけ薬剤師・薬局に関する調査報告書[PDF](https://www.mhlw.go.jp/content/000509233.pdf)
ハイブリッド型
【機能】で選ぶなら
エリシアS
エリシアS

引用元:シグマソリューション公式HP
https://www.sigma-sol.co.jp/products/elixirs/

こんな薬歴
  • 患者一人一人にあわせた指導文を簡単に作成

  • 経営を強化できる機能を
    多数搭載&経営支援も

公式HPで
詳細を見る

電話で製品について
問い合わせる

エリシアSの
機能性について
詳しく見る

クラウド型
【費用】で選ぶなら
MEDIXS®
メディクス

引用元:アクシス公式HP
https://medixs.jp/

こんな薬歴
  • 端末増設時に追加費用

    かからない定額制

  • 均一な薬歴作成を
    図れる
    シンプルな
    製品

公式HPで
詳細を見る

電話で製品について
問い合わせる

MEDIXS®が
費用を抑えられる
理由を見る

クラウド型
【ユーザーコミュニティ】で選ぶなら
Musubi
Musubi

引用元:カケハシ公式HP
https://musubi.kakehashi.life/

こんな薬歴
  • 課題を共有し意見交換ができる
    交流会を開催

  • 各分野の専門講師
    によるセミナーで
    スキルアップ

公式HPで
詳細を見る

電話で製品について
問い合わせる

Musubiの
コミュニティ
の詳細を見る

※選定条件:Google検索「電子薬歴」でヒットした36製品(2022年2月9日時点)のうち、「指導文作成を効率化する機能」「処方監査機能」「サポート体制完備」「在宅訪問に対応」機能が搭載されている電子薬歴の中から、それぞれ以下の条件で選定。
※機能で選ぶなら:指導文について、定型文ではなく自分で考え、編集できる機能が唯一ある
※費用で選ぶなら:端末が増えても追加費用が掛からない電子薬歴の内、更新費用が無料と公式HPに明記されている製品
※ユーザーコミュニティで選ぶなら:ユーザーが参加できる交流会を唯一開催