電子薬歴導入ガイド » 電子薬歴業界の新着ニュース » 地域連携薬局の役割や認定要件とは?

地域連携薬局の役割や認定要件とは?

2021年8月よりスタートした改正薬機法では、特定の機能を有する保険薬局の認定制度が導入されました。これは、患者様が自分に合った薬局を選ぶための仕組みを作れるよう目指したものです。

定められている条件に沿って、都道府県知事から「地域連携薬局」もしくは「専門医療機関連薬局」として認定を受けることができます。

当記事では、地域連携薬局の役割や認定要件について詳しくまとめました。専門医療機関連携薬局や健康サポート薬局とはどういった違いがあるのか、申請の流れなどについてもご紹介いたします。

地域連携薬局について情報を集めている方は当記事をチェックしてみてください。

地域連携薬局の役割

地域連携薬局は、医療機関との情報共有を行ったり、在宅医療を提供する時に薬局との連携を取ったりするなどの役割を担います。その他に、地域薬局へ医薬品提供の実施や、患者様を含む利用が安心して薬品を使うことができるようサポートしていく役割も担っています。

専門医療機関連携薬局との違い

専門医療機関連携薬局とは、専門的な薬剤などの管理が必要な患者様に対して、専門医療機関などと連携を取り合いながら、さらに高度な調剤などの対応可能な薬局のことを指します。

健康サポート薬局との違い

健康サポート薬局は、未病もしくは予防の段階にある方を対象とし、健康を増進していけるようサポートする役割を担っている薬局です。

地域連携薬局の認定要件

構造設備

利用者様の服薬指導などのときに、配慮された設備構造であることが重要です。具体的には、相談できる十分なスペースを確保したり、薬剤等の情報が他者に聞こえてしまわないよう配慮したりするなど工夫しましょう。

高齢者や障害を抱える方が円滑に利用しやすいよう、入り口の段差をなくしたり車椅子でも来所できたりするよう配慮することも大切です。

他の医療提供施設と共有する体制

地域包括システムの構築に関する会議の情報などを踏まえながら、薬局として参加すべきものを考慮して積極的に関わることが重要です。

地域の医療機関に勤務している薬剤師や医療関係者が随時、報告や連絡を取れるよう体制を整えていることも重要だと言えます。

安定的に薬剤を供給するための体制

安定的に薬剤を供給するための体制を整えていることも認定要件に該当します。具体的には以下をご覧ください。

居宅などにおける調剤および指導を行う体制

居宅などにおける調剤および指導を実施する体制に関する要件は以下の通りです。

地域連携薬局の申請フロー

ここでは、神奈川県を例に挙げて地域連携薬局の申請フローを紹介します。これは自治体によって異なることが多いので、さらに詳しく知りたい場合は各自治体に直接お問い合わせください。

保健所が設置されている市が管轄する区域内の薬局(横浜市や藤沢市、川崎市、横須賀市など)は、申請書は薬務課へ提出します。それ以外の区域内にある薬局は、薬局所在地を管轄している保健福祉事務所もしくは保健福祉事務所センターになります。提出する書類や部数、留意事項、手数料などは各自治体のホームページでご確認ください。

更新申請については、認定期限となる2ヶ月前から1ヶ月前までの間に行うようにしましょう。

参照元:神奈川県

他院と連携できる電子薬歴がおすすめ

地域連携薬局は、医療機関との情報共有を行ったり、在宅医療を提供する時に薬局との連携を取ったりするなど重要な役目を持っていることが特徴に挙げられます。

構造設備や薬剤を供給する体制など、さまざまな認定要件を満たすことで、地域連携薬局として知事より認定を受けることが可能です。申請は自治体によって異なりますので、さらに詳しく知りたい方は各自治体に直接ご確認ください。

そして、「地域連携薬局」として申請したいのであれば、他院と連携できる電子薬歴がおすすめです。当サイトでは、電子薬歴のおすすめメーカーや正しい選び方について説明していますので、ぜひチェックしてみてください。

地域連携薬局の認定制度設立の経緯

医療分業の進展によって分業率は年毎増えており、2014年度は医療分業率が68.7%という結果でした。このような状況の中、医療分業の原点に戻り、患者様本位のかかりつけ薬局に再編するために厚生労働省から「患者のための薬局ビジョン」が定められたと言われています。

患者様が住み慣れた地域において安心して医薬品を用いることができるよう、地域連携薬局の認定制度が設立されたのです。

電子薬歴選びの
3つのポイント

調剤薬局でもIT化はとどまるところを知らず、電子薬歴の普及率は80%を超えています(※)。様々な製品が開発・改良される中で、電子薬歴が業務を効率化できるというのは、もはや当たり前。
他方で、一体型、クラウド型、ハイブリッド型といった製品タイプだけで選ぶべきではありません。
製品選びで重要なのは、その上でさらに何を電子薬歴に求めるかなのです。

ここでは、Google検索「電子薬歴」でヒットした36製品を調査(2022年2月9日時点)。「指導文作成を効率化する機能」「処方監査機能」「サポート体制完備」「在宅訪問に対応」といった、基本的な機能が搭載されている電子薬歴の中で、「機能」「費用」「ユーザーコミュニティ」の3つのポイントに沿っておすすめの製品を紹介します。

※参照元:厚生労働省「かかりつけ薬剤師・薬局に関する調査報告書[PDF](https://www.mhlw.go.jp/content/000509233.pdf)
ハイブリッド型
【機能】で選ぶなら
エリシアS
エリシアS

引用元:シグマソリューション公式HP
https://www.sigma-sol.co.jp/products/elixirs/

こんな薬歴
  • 患者一人一人にあわせた指導文を簡単に作成

  • 経営を強化できる機能を
    多数搭載&経営支援も

公式HPで
詳細を見る

電話で製品について
問い合わせる

エリシアSの
機能性について
詳しく見る

クラウド型
【費用】で選ぶなら
MEDIXS®
メディクス

引用元:アクシス公式HP
https://medixs.jp/

こんな薬歴
  • 端末増設時に追加費用

    かからない定額制

  • 均一な薬歴作成を
    図れる
    シンプルな
    製品

公式HPで
詳細を見る

電話で製品について
問い合わせる

MEDIXS®が
費用を抑えられる
理由を見る

クラウド型
【ユーザーコミュニティ】で選ぶなら
Musubi
Musubi

引用元:カケハシ公式HP
https://musubi.kakehashi.life/

こんな薬歴
  • 課題を共有し意見交換ができる
    交流会を開催

  • 各分野の専門講師
    によるセミナーで
    スキルアップ

公式HPで
詳細を見る

電話で製品について
問い合わせる

Musubiの
コミュニティ
の詳細を見る

※選定条件:Google検索「電子薬歴」でヒットした36製品(2022年2月9日時点)のうち、「指導文作成を効率化する機能」「処方監査機能」「サポート体制完備」「在宅訪問に対応」機能が搭載されている電子薬歴の中から、それぞれ以下の条件で選定。
※機能で選ぶなら:指導文について、定型文ではなく自分で考え、編集できる機能が唯一ある
※費用で選ぶなら:端末が増えても追加費用が掛からない電子薬歴の内、更新費用が無料と公式HPに明記されている製品
※ユーザーコミュニティで選ぶなら:ユーザーが参加できる交流会を唯一開催