電子薬歴導入ガイド » 電子薬歴業界の新着ニュース » AIを搭載した電子薬歴システムについて

AIを搭載した電子薬歴システムについて

このページでは、AIを搭載した電子薬歴システムを紹介。製品の特徴やAI搭載によるメリットをまとめているため、電子薬歴システムを選ぶ際の参考にしてください。

「Karin by MICIN」とは?

株式会社MICINは、医療機関を退院した患者が薬局で薬の処方を受ける際、薬剤師の服薬指導会話からAIが薬歴文章を自動で作成する「Karin by MICIN」を開発。薬局・薬剤師向けのβ版を限定的に提供開始しています。

Karin by MICINを開発するにあたり、株式会社MICINが薬剤師を対象に独自調査(※)を行ったところ、約80%もの薬剤師が「服薬指導をした直後に薬歴を記入する時間がないので後でまとめて記入している」と回答。また、「後で入力すると内容を思い出すのに時間がかかる」として、約75%弱の薬剤師が薬歴残業を行っていることも明らかになっています。

こうした現場の声から、株式会社MICINは薬歴入力時間の削減と薬歴入力の心理的負担の軽減、個別の状態に応じた継続的な服薬指導および薬歴管理が可能なサービスの提供が必要として、Karin by MICINの構築へと至っています。

参照元:株式会社MICIN
(https://micin.jp/news/8719)

「Karin by MICIN」の特徴・メリットは?

Karin by MICINは服薬指導会話をもとにAIがSOAP形式で薬歴文章を自動的に作成するため、薬歴入力において負担となっていた「思い出す」「考える」「書く」を短縮することが可能。服薬指導終了時には薬歴文章のベースが完成しているため、あとは薬剤師が必要に応じて補足して薬歴にコピーするだけ、と利便性の高いシステムとなっています。

単純に会話を文字起こしするのではなく、医療会話のみをAIが抽出して要約を端的にまとめてくれるため、読み返しやすいのも嬉しいポイントです。また、薬歴入力の負荷を軽減するのはもちろん、窓口での記録作業を削減して患者ファーストの医療体制の推進を図ることも可能。患者個別の薬歴を充実させることにより、細やかな薬歴指導や管理にもつながり、行政指導にもスムーズに対応できるようになるのが魅力です。

電子薬歴とAIで医薬品在庫管理ができる「R2-AI」

株式会社グッドサイクルシステムは、電子薬歴と連動して需要を予測し、AIが自動で発注を行う薬歴連動自律型医薬品在庫管理システム「R2-AI」のリリースを開始しています。

開発のきっかけは、これまで立地依存だった薬局が、広域の処方箋に対応可能な調剤薬局の増加により、「門前」から「かかりつけ」へと変化していること。これまでは門前の医療機関が処方する薬剤をストックしておけばよかったのに対し、かかりつけ薬局になるために今まで以上の在庫品目・在庫数を扱う必要があり、薬局における在庫管理難易度が上がっています。在庫管理にかかる手間やコストが増加し、さらに経験や勘に基づく発注では欠品リスクや不良在庫を発生しかねません。

効率的な薬局経営に必要な医薬品在庫管理のDXを実現するシステムとして、薬歴連動自律型医薬品在庫管理システム「R2-AI」の開発に至りました。

「R2-AI」の特徴・メリットは?

R2-AIは株式会社グッドサイクルシステムが提供する電子薬歴「GooCo」と連動し、需要予測および処方実績のAI学習による自動発注を可能にしています。自動発注により店舗スタッフの在庫管理にかかる時間を大幅に削減でき、次回来局日を電子薬歴に登録しておくことで正確な需要予測も実現。

処方実績のAI学習によって医薬品単位での発注方法の自動設定も行え、個人の経験や勘に頼らない発注もできるでしょう。また、同一企業内での不動在庫融通も自動で行えるため、不動品を未然に防げるのも魅力です。

電子薬歴選びの
3つのポイント

調剤薬局でもIT化はとどまるところを知らず、電子薬歴の普及率は80%を超えています(※)。様々な製品が開発・改良される中で、電子薬歴が業務を効率化できるというのは、もはや当たり前。
他方で、一体型、クラウド型、ハイブリッド型といった製品タイプだけで選ぶべきではありません。
製品選びで重要なのは、その上でさらに何を電子薬歴に求めるかなのです。

ここでは、Google検索「電子薬歴」でヒットした36製品を調査(2022年2月9日時点)。「指導文作成を効率化する機能」「処方監査機能」「サポート体制完備」「在宅訪問に対応」といった、基本的な機能が搭載されている電子薬歴の中で、「機能」「費用」「ユーザーコミュニティ」の3つのポイントに沿っておすすめの製品を紹介します。

※参照元:厚生労働省「かかりつけ薬剤師・薬局に関する調査報告書[PDF](https://www.mhlw.go.jp/content/000509233.pdf)
ハイブリッド型
【機能】で選ぶなら
エリシアS
エリシアS

引用元:シグマソリューション公式HP
https://www.sigma-sol.co.jp/products/elixirs/

こんな薬歴
  • 患者一人一人にあわせた指導文を簡単に作成

  • 経営を強化できる機能を
    多数搭載&経営支援も

公式HPで
詳細を見る

電話で製品について
問い合わせる

エリシアSの
機能性について
詳しく見る

クラウド型
【費用】で選ぶなら
MEDIXS®
メディクス

引用元:アクシス公式HP
https://medixs.jp/

こんな薬歴
  • 端末増設時に追加費用

    かからない定額制

  • 均一な薬歴作成を
    図れる
    シンプルな
    製品

公式HPで
詳細を見る

電話で製品について
問い合わせる

MEDIXS®が
費用を抑えられる
理由を見る

クラウド型
【ユーザーコミュニティ】で選ぶなら
Musubi
Musubi

引用元:カケハシ公式HP
https://musubi.kakehashi.life/

こんな薬歴
  • 課題を共有し意見交換ができる
    交流会を開催

  • 各分野の専門講師
    によるセミナーで
    スキルアップ

公式HPで
詳細を見る

電話で製品について
問い合わせる

Musubiの
コミュニティ
の詳細を見る

※選定条件:Google検索「電子薬歴」でヒットした36製品(2022年2月9日時点)のうち、「指導文作成を効率化する機能」「処方監査機能」「サポート体制完備」「在宅訪問に対応」機能が搭載されている電子薬歴の中から、それぞれ以下の条件で選定。
※機能で選ぶなら:指導文について、定型文ではなく自分で考え、編集できる機能が唯一ある
※費用で選ぶなら:端末が増えても追加費用が掛からない電子薬歴の内、更新費用が無料と公式HPに明記されている製品
※ユーザーコミュニティで選ぶなら:ユーザーが参加できる交流会を唯一開催