電子薬歴導入ガイド » 電子薬歴一覧 » TomorrowPharmacy21

TomorrowPharmacy21

TomorrowPharmacy21
引用元HP:TomorrowPharmacy21公式HP
http://old.goodcycle.net/
医薬品や薬剤師、患者などを支援する目的でさまざまなシステム・サービスを手がけている
株式会社グッドサイクルシステムによるPC版電子薬歴「TomorrowPharmacy21」について解説します。 特徴やサポートなどについてまとめました。

TomorrowPharmacy21のおすすめ機能

スキルに合わせて入力方法を選択可能

パソコンに不慣れな方でも使いやすいように、キーボード入力では「さっと入力」といった機能が用意されています。一方、熟練者向けとしてSOAPやPOSに対応した「一括入力」での入力方式もあるので、それぞれのスキルに合わせて使い分けられます。

毎日医薬品添付文書を更新する機能

TomorrowPharmacy21では、医薬品添付文書自動巡回収集ツールである「DIクルーザー」を活用し、毎日医薬品添付文書を更新しています。薬剤名をダブルクリックするだけでアクセスできるため、自分で添付文書の更新について調査する必要がありません。

薬歴データ共有機能

薬局の中には近隣に同一グループが存在しているケースもあるでしょう。この場合、どちらの店舗に患者さんが行くかを判断できないことがありますが、そういった場合でもTomorrowPharmacy21を用いて店舗間で薬歴データを共用できます。

患者さんがどちらに足を運んだとしても適切な対応につなげられるのがポイントです。

TomorrowPharmacy21の使いやすさ

TomorrowPharmacy21は、システムのミッションとして、見やすくてわかりやすい形で患者さんの情報を提供することを掲げています。画面表示はミッションの通りわかりやすく、重要なことがどこに書かれているのか、一目で把握できるような形です。

忙しい薬局ではいくら機能性に優れていても難しい操作が必要になるものや、画面表示がわかりにくいものだと使いにくく感じてしまうことがあります。TomorrowPharmacy21であればそういった心配も少ないでしょう。

3つの観点から選ぶ
自社に合った電子薬歴とは

TomorrowPharmacy21の利用者の声

口コミは見つかりませんでした。

TomorrowPharmacy21のアフターサポート

万が一のトラブル発生時には、すぐに解決が期待できるリモートメンテナンスを用意しています。リモートメンテナンスでは、同じ画面を見ながら操作説明してもらえるため、わかりやすいのがポイントです。 何らかの障害が発生してしまったようなケースでは、リモートメンテナンスも行ってもらえます。

また、トリプルバックアップが用意されており、Disk障害対策としてミラーリングで二重化されたサーバ機のほか、サーバ機自体を二重化したり、外部メディアにバックアップしたりと、思わぬトラブルにも備えられるのが特徴です。

TomorrowPharmacy21はこんな電子薬歴

TomorrowPharmacy21は、機能性に優れている電子薬歴です。操作性がとてもわかりやすいので、初めて電子薬歴を導入することになり、使いこなせるか悩んでいる方にも向いているでしょう。 標準で調剤支援票出力機能が搭載されているので、完全電子化への移行期にもしっかり活躍してくれます。スキルに合わせて選択できる入力方法や、複数店舗で薬歴を共有できるシステムも便利です。

本サイトでは「クラウド型」「レセコン一体型」「ハイブリッド型」という種類だけではなく、それぞれの薬局が何をもって電子薬歴を選ぶべきか、導き出した3つの観点からそれぞれおすすめの電子薬歴を紹介しています。ぜひ自局に合った電子薬歴をお探しの方は、ぜひ参考になさってください。

3つの観点から選ぶ
自局に合った電子薬歴とは

TomorrowPharmacy21の在宅診療への対応

公式HPに記載がありませんでした。

調剤薬局の経営面から
電子薬歴のメリットを見る

TomorrowPharmacy21の企業情報

会社名 株式会社グッドサイクルシステム
所在地 (本社)東京都渋谷区渋谷2-7-5 URD渋谷第2ビル5F
電話番号 03-5469-6221
URL http://old.goodcycle.net/

電子薬歴一覧もチェックする>>

電子薬歴選びの
3つのポイント

調剤薬局でもIT化はとどまるところを知らず、電子薬歴の普及率は80%を超えています(※)。様々な製品が開発・改良される中で、電子薬歴が業務を効率化できるというのは、もはや当たり前。
他方で、一体型、クラウド型、ハイブリッド型といった製品タイプだけで選ぶべきではありません。
製品選びで重要なのは、その上でさらに何を電子薬歴に求めるかなのです。

ここでは、Google検索「電子薬歴」でヒットした36製品を調査(2022年2月9日時点)。「指導文作成を効率化する機能」「処方監査機能」「サポート体制完備」「在宅訪問に対応」といった、基本的な機能が搭載されている電子薬歴の中で、「機能」「費用」「ユーザーコミュニティ」の3つのポイントに沿っておすすめの製品を紹介します。

※参照元:厚生労働省「かかりつけ薬剤師・薬局に関する調査報告書[PDF](https://www.mhlw.go.jp/content/000509233.pdf)
ハイブリッド型
【機能】で選ぶなら
エリシアS
エリシアS

引用元:シグマソリューション公式HP
https://www.sigma-sol.co.jp/products/elixirs/

こんな薬歴
  • 患者一人一人にあわせた指導文を簡単に作成

  • 経営を強化できる機能を
    多数搭載&経営支援も

公式HPで
詳細を見る

電話で製品について
問い合わせる

エリシアSの
機能性について
詳しく見る

クラウド型
【費用】で選ぶなら
MEDIXS®
メディクス

引用元:アクシス公式HP
https://medixs.jp/

こんな薬歴
  • 端末増設時に追加費用

    かからない定額制

  • 均一な薬歴作成を
    図れる
    シンプルな
    製品

公式HPで
詳細を見る

電話で製品について
問い合わせる

MEDIXS®が
費用を抑えられる
理由を見る

クラウド型
【ユーザーコミュニティ】で選ぶなら
Musubi
Musubi

引用元:カケハシ公式HP
https://musubi.kakehashi.life/

こんな薬歴
  • 課題を共有し意見交換ができる
    交流会を開催

  • 各分野の専門講師
    によるセミナーで
    スキルアップ

公式HPで
詳細を見る

電話で製品について
問い合わせる

Musubiの
コミュニティ
の詳細を見る

※選定条件:Google検索「電子薬歴」でヒットした36製品(2022年2月9日時点)のうち、「指導文作成を効率化する機能」「処方監査機能」「サポート体制完備」「在宅訪問に対応」機能が搭載されている電子薬歴の中から、それぞれ以下の条件で選定。
※機能で選ぶなら:指導文について、定型文ではなく自分で考え、編集できる機能が唯一ある
※費用で選ぶなら:端末が増えても追加費用が掛からない電子薬歴の内、更新費用が無料と公式HPに明記されている製品
※ユーザーコミュニティで選ぶなら:ユーザーが参加できる交流会を唯一開催